我想説・・・

嘟嘟哝哝

Flickr

Frickrが公開したアメリカの昔の写真


写真を共有するサイトFlickr logo. If you click it, you'll go homeが、米国議会図書館との共同プロジェクトとしてアメリカの1930年代~の写真をアーカイブとして公開しています。

下に載せたのは、絵として気に入った2枚ですが、西部開拓時代のような写真、農民たちの様子など、歴史的にも価値のある写真が沢山集められて公開されています。

とにかく、膨大な量の写真ですが、これらは単に公開するというだけでなく、それによってFlickrのユーザーがtagを付けることで検索しやすい。付加価値のあるアーカイブにしていくという目的があります。

日本でもこういうのがあるといいなぁと思うのですが。。。

参考エントリー:
TechCrunch Japanese アーカイブ » Flickrが、歴史的画像を大衆に公開






WEB2.0って言葉、最近聞かなくなりましたが

先週から咳が止まらず、夕食後に薬を飲んで早めに寝ています。

ところが、早く寝ると夜中に目が覚めちゃうんですよねぇ。

それで、眠れなくなるのでついついPCを開いてしまう。

ということで、そうなるとネットでいろいろいじって遊んでしまうんですねぇ。

nowa、twitter、tumblr、Flickr、facebookといったサービス。

全部無料だし、コミュニケーションが基本のサービスなので、たどっていくと思いがけない情報を発見したり、英語のページもしっかり読んでしまったり、と頭の老化防止には効果的かもしれません。

nowaはlivedoorのミニブログみたいなやつですが、twitter、tumblr、Flickrの機能を集めたような感じで、なんといっても日本語なので使いやすいです。でも、簡単すぎてちょっと物足りない。

それと、それだけにちょっとお友達になれそうな人が少ない(笑)

twitterは、携帯電話のSMSで投稿できるのがいいですね。日本の携帯からだとWeb経由のサービス使わないとできないみたいですが・・・。
でも、基本が英語なので、友達みつけるの大変です。

flickrは、使うっていうよりUPされてる写真見てるって感じです。

tumblrは、はてブやdeli.cio.usのようなソーシャルブックマークと、twitterを一緒にした感じで、nowaと似ていますがもっとヘビーユーザー向けみたいな感じかな?
英語ですが、サービスとしてはこれが一番気に入りました。
ただし、中国からでは動きが遅すぎで、残念ながら常に使うのは無理みたいです。

facebookは、仕事に使えそうです。なぜか、friends検索したら会社の中国人スタッフがヒットしました。
英語なのがネックですが、少人数での情報共有に使えそうです。

今は、googleのwebサービスを一部会社のスタッフとも共有して使ったりしていますが、もっと便利なのないかって探すのは、いつも私ともう一人の日本人がメインです。

英語は苦手なのに、ネットではあまりハードルの高さを感じないっていうのが不思議ですね。

My Flickr
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from taoyan_ni. Make your own badge here.
Recent Comments
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
Profile

tuwu

最近、時間が有効に使えていない。

このブログのはてなブックマーク数
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ