我想説・・・

嘟嘟哝哝

郷土料理

寒だらの子漬け(郷土料理)

最近、山形が良くも悪くもニュースなどに良く登場しています。

そんな中で、「秘密ケンミンSHOW」では「最強」ってことで雑草とか生け垣喰ってるなんてのばっかり紹介されているらしいです。

うちの地元は山形でも海側の庄内で、雑草や生け垣喰ってるのは内陸の方だから一緒にするなというのが大方の周囲の反応です(笑)

庄内地方は昔から食材が豊かで米も旨い。その昔、東北を襲った何度かの大飢饉でも庄内だけは食うに困らなかったと言われています。「日本の学校給食発祥の地」というのもそんなことが背景になっているのかと思います。

海が近いので地物の海鮮も豊富。北海道とか北陸の有名な店や市場に行っても「地物の方が旨いや、たいしたことないな」というのが正直なところです。

というわけで、この時期の地元の食材といえば「寒だら」と言われる真ダラです。「ドンガラ汁」というのが有名なのですが、他にもいろいろな料理があります。

今日は娘のリクエストで「子漬け」を作るために朝っぱらからマダラの子を買ってきました。

いわゆるタラコというのはスケトウダラの卵で、マダラの子はこんなにデカイです。これで約800gですがこれが二つで一匹分になります。

拡大するとこんな感じ。

これで「子漬け」という煮付けを作ります。

他に材料は、ニンジンと糸こんにゃくだけ、こんにゃくはあく抜きしてざっくり短めに切り、ニンジンもこんな感じに切っておきます。

これを、酒(半カップ)、砂糖(大さじ2)、醤油(1/3カップ)とダシの素(小さじ2)に水(200cc)を加えた濃いめの味付けで15分ぐらい煮込みます。

そこに真たら子をどさっと入れちゃいます。

これに包丁で切れ目を入れるとこんなになります。

皮からツブツブをヘラでこそげとる様にしながらニンジン、こんにゃくと混ぜながら煮汁がほとんど無くなるまで焦がさないようにいり煮していきます。

これで完成。あとは2,3時間以上放置して味が落ち着くのを待ちます。

この料理は暖かいのを食べるんじゃなくて、冷たくなって味が落ち着いたものを熱々のご飯に載せて食べます。

他の地方で生のマダラの子が普通に売られているのは見たことがないのですが、塩漬けにしたものは売っていると思います。その場合はおそらく塩抜きが必要と思いますが良くわかりません。

ただし、魚屋さんに頼んでおけば三陸や北海道産のものなら生のものが手に入ると思います。

郷土料理百選


「農山漁村の郷土料理百選」人気投票 あなたの郷土料理を応援してください!


まだ途中のようですが、ベスト100の第一位が山形の「芋煮」になっています。

でも、ちょっと違和感がありますね。

なんでかなぁと考えたのですが・・・。

まず、素材が地元(山形)の物でなくてもいいってこと。

中国で調達しても、なんの遜色も無いです。

じっさい、近所の日本料理屋で出してる物で十分おいしいです。

それから、調理法にこだわりがあまり感じられない。

味付けが地域により味噌と醤油の違いが有り、肉も地域により豚と牛がありますが、基本的にはただ煮込んでるだけ(?)

人気blogランキングへ
My Flickr
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from taoyan_ni. Make your own badge here.
Recent Comments
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
Profile

tuwu

最近、時間が有効に使えていない。

このブログのはてなブックマーク数
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ