我想説・・・

嘟嘟哝哝

蘇州

最近の蘇州事情

もうしばらく更新していませんでしたが、ちょっと時間ができたので最近の蘇州の様子など書いてみようかと思います。

一月も末になり、春節期間の帰省切符も発売され、街は春節を迎える準備が進んでいます。

そんな中で、最近の蘇州で一番の話題はとにかく人手不足。
中国で人手不足?と日本にいる方は思うかも知れませんが、このところ仕事で誰かに会うと、その話ばかりです。

先日も、1月の給料を払ったらその日に数十人やめてしまったとか、クリスマス商戦向けの生産が終わり仕事が減ったので自然にやめるのを待っていればいいやと思ったら、辞める人が多すぎてラインを維持出来なくなったとか。
とにかく、どこに行っても、どこの業界でもそんな話題ばかりです。
それは、日系企業に限ったことではなく、台湾系も中国系も同じです。
日系はまだいい方で、中国系は元々待遇が悪いと思われているのでもっと悲惨な状況になっているという話も聞きます。

そんなわけで、春節でみんなが田舎に帰ってしまうこの時期、各企業では春節後にどれだけの人が戻ってきてくれるのか、戦々恐々としているような状態です。

なんでこんなことになってしまったのか?ということなんですが。

まず、蘇州は物価が高い。
今、人が足りないというのは、現場で作業をするワーカーが足りないということです。逆に大卒などのスタッフ=ホワイトカラーは余っています。
いわゆるワーカーは田舎から出稼ぎに来ているがほとんどで、お金持ちの多い地元の人はそんな仕事には着きません。
出稼ぎの人たちは、少ない給料でやりくりして田舎に仕送りしたり、貯金していずれは田舎に戻るという人がほとんどです。

蘇州は物価が高いのに、最低賃金は上海や浙江省よりも安いので、暮らしにくいというのが一番の原因です。
これは蘇州だけでなく、南京・無錫など江蘇省の主要都市に共通の悩みです。
というわけで、1月23日に江蘇省は最低賃金を月850元から、上海等と同じ960元に値上げしました。
これは、今の人手不足を解消するというよりも、とりあえず春節で田舎に帰った人が戻ってきてくれるようにということで、今よりも悪くならないようにするというのが目的です。

そんな状況の中で、うちの会社では生産に使う部品が間に合わないでラインが止まりそうな状態が続いています。
ラインを止めて休ませると、ワーカーが帰ってしまうので毎日綱渡りでなんとかラインを動かしています。

来週からは、材料が無くても人を休ませるな、仕事が無くても春節までは休日振替などはしないで全部出勤させろという話をしています。

というわけで、今日も土曜日なのに、これから上海からお客さんや部品商社の人たちが来て、春節までの、というより目先の2−3日をどうしのぐかという打合せがあります。

まあ、それを待っているのでこんな時間が出来てしまったのですが。。。

春節までは、というかその後も、当分はバタバタの毎日が続きそうな感じです。

春祭り?

三連休の中日、雨が降っていたのですが部屋にいるのもなんなのでちょっと出かけようと思い、観光地はどこもクルマでいっぱいだろうからと田舎の方をドライブしてみました。

もう、菜の花は終わり、花の終わった菜の花畑と、麦畑のやさしい緑がいっぱいでした。

新しい幹線道路から脇にそれてみると、地元のお祭りのパレード?が行われていました。

クルマで走り抜けるのもためらわれたので、ちょっとクルマをおりてみました。

いつも街や風景の写真ばかりなので、たまには人を撮るのもいいかなと思ったのですが、これがなかなか面白い。

農村なので、農家の人たちのお祭りなのでしょう、なかなか表情が豊かで味わいのある人たち

蘇州の街中で見かける人たちとはちがって、日焼けした顔で表情もとても豊かな感じがしました。

それと、行列を見る子供の表情が妙に懐かしい昔の日本みたい。

農村のお祭りは、日本も中国(江南はとくに)も変わらない感じがします。

《RICOH R10で撮影》

気になるところ

蘇州の街は相当歩き回っているいるつもり、それでもまだいったことがない所は多い。

だから行ってみたいと思う所もいくつかあるが、なかなかきっかけがないといけないところというのが多い。

そんな中で有名な観光地でもなく、ただなんとなく気になる所というのもある。

そんな所の一つに行ってみた。

別になんてことのない橋なのだけれど、もう何年も前から気になっていた所。

西環路の橋からチラッと見たことがあった。それ以来ずーっと気になっていた。

どこから行けばいいのかも良くわからなかったのだが、とりあえずそれが見える所まで行き、そこから当たりを付けて裏道に入っていった。

思ったよりも簡単に見つけられた。

車輌の通行は制限されているようだが、ワゴン車とか乗用車は普通に通っていた。

実際に橋に乗ってみると、ちょっと怖いぐらいで乗用車がとおるだけでも石の橋なのに揺れを感じた。

橋全体を撮影できるような所は見つけられなかったので、とりあえず側面を撮ってみた。

周りは工事中で橋のたもとに何隻か船が停泊し、そこで生活しているようだ。

古い建物がひとかたまりあったが、周りはどんどん取り壊されているようだ。

こんな橋のたもとにも、狭い畑があって菜の花が咲いている。

アングルを変えてもう一枚、橋の名前を見てくるのを忘れてしまった。後で調べよう。

《RICOH_R10で撮影》

公園で、の続き

公園に行くといろんなものがあります。

そんな中からいくつか

凧揚げやっている人が沢山いましたが、公園の入り口には凧を売っている人も沢山。

ほかにもいろんな商売の人が

風船売り。ディズニーとかキティー、ドラえもんなどなど、当然著作権など関係ないんでしょうけど

こちらは輪投げ。一回いくらか知りませんが、公園や広場では良くやってます。

食べ物も色々売ってますが、こちらは圧力鍋で「ポン菓子」やポップコーンをつくって売ってます。一つの鍋で全てやってます。

こちらは綿あめ。日本と比べると機械もしょぼいですが、綿あめもしょぼいです。

焼き芋屋さん。専用オーブンがまだ新しいみたい。

これはボートなんでしょうが、子供が一人で乗れるやつ。日本ではみたことないですねぇ。

今日は朝から雷と大雨だったのですが、だんだん天気が回復してきました。

この週末も、街を歩いてなんか面白いもの見つけようと思います。

《RICOH_R10で撮影》

桜咲く

昼前に会社から戻るときにアパートの近くで桜らしき花を見つけた。

近づいてみると、やっぱり桜が咲いていた。

周りでじっくり写真が撮れそうな所をさがしたが、そこ以外には桜はなさそうだったのであきらめて部屋に戻る。

新区獅山新苑に新しいパン屋が出来たのでちょっと行ってみた。

パンはまあまあ、もちろんローカル系パン屋と比べれば全然違いますが、コロッケパンを買ったらパンよりもコロッケが美味しかった。コロッケだけ売ってくれるとウレシイのだが・・・

それより、その近くに桜の木があって5分咲きぐらいだった。

日本の桜って花が終わってから葉が出てくると思ったが、花と葉が一緒みたい。

桜っていう花は、なんだか見るだけでウキウキした気分になる。

別にお花見で飲んでなくても・・・

今日の蘇州は、久しぶりにすっきりとして晴天。

折角なのでちょっと遠くの公園まで。

そこでも桜の花が、三分咲きぐらいの感じ。よく見るとちょっと種類が違うような気もする。

街路樹にも桜の木。

でも、この桜大きくなったらどうするんだろう?

まあ、その前に無くなっちゃいそうな気もするが・・・



そういえば、今日J1モンテディオ山形がグランパス名古屋と引き分けた。先週は磐田からJ1初戦初勝利。

すごい!

《RICOH_R10で撮影》

元宵節でUFO?

2月9日は元宵節でした。

日本では小正月といわれるのですが、中国では家族で汤圆という団子みたいなものを食べる風習があります。

それと同時に、こういう日に欠かせないのが花火と爆竹。

アパートの周りでも打ち上げ花火の音が夜遅くまで鳴り響いていました。

おまけに、この日は北京の中央電視台の建設中のビルが火災になり大騒ぎとなりました。この原因も、元宵節の花火との報道がありました。

そんななか、たまたま外に出たときに面白いものを見ました。

その夜のTwitterへのpostから

  • 22:13 外でちょっと面白いもの見た。元宵節の行事なのか、紙と竹で作った灯籠を熱気球の原理で空に流すもの。近くのビルから察するに2-300m上空までは飛んでいったようだ。でもあれどっかに落ちるんだろうな #
  • 22:16 さっきの熱気球灯籠。写真に撮りたかったなぁ。そういうときに限ってカメラ持っていないorz #
  • 22:18 熱気球灯籠というのは南でも見たことないし、蘇州ではもちろん初めて見た。この辺の風習なのだろうか?それとも外省人の家族でどっか別の地方の風習なのかなぁ? #
  • 22:21 ゆらゆらと揺れる炎が空を登っていくのは、幻想的というか不思議な感じだが、なかなか風情があっていいな。 #
  • というわけで、なんなのか良くわかってなかったのですが、これは「孔明灯」もしくは「天灯」といわれる物だったようです。

    孔明灯

















    孔明灯_百度百科

    福建省や台湾で良く行われる風習ということで、蘇州の人も知らないようです。

    これを見た人が、UFOみたいなもの見たとかいう記事が名城蘇州のニュースサイトにも出ていました。

    网友称疑似UFO实为孔明灯 消防提醒夜间燃放注意安全

    まあ、とりあえずこれで火災が起きなくてよかったですが、蘇州の街中では花火よりも危ない気がします。

    鮮肉包

    ブログネタ
    ★★Life in China★★ に参加中!
    雨が止んでいたので留園に行ってみた。

    帰りに久しぶりに石路に行って肉まん買って食べた。

    DSCN4340 by you.

    ココの肉まん(鮮肉包)は美味しいです。
    普通は日本の肉まんのイメージで食べるとがっかりするのが多いかもしれませんが、ここの餡はおいしい。
    ちょっと甘いけど、日本人が持っている肉まんのイメージそのままですね。

    ★★Life in China★★ - livedoor Blog 共通テーマ

    山塘街はふたつあった

    ブログネタ
    ★★Life in China★★ に参加中!
    なんどか写真を載せていますが、蘇州には「山塘街」という有名な観光地があります。

    先日、アパートからクルマで 15分ぐらいの木读というところの「木读古镇」という所にも「山塘街」というのがあることを知りました。

    http://www.twitxr.com/image/125661/

    ここも観光地に なっていて、水路沿いの小径に江南の街という感じなんですが、歩いている人の雰囲気がどうも蘇州市区の「山塘街」とはちょっと違いまし た。

    中国は、どこの都市にも「人民路」とか「南京路」みたいな通りの名前がついていたりしますが、元々の蘇州市 区ではないとはいえ同じ蘇州にそれも有名な「山塘街」がふたつあるなんて不思議です。

    その他の写真はコチラ →Flickr:木读的 山塘街

    ★★Life in China★★ - livedoor Blog 共通テーマ

    蘇州で菊の花とか

    ブログネタ
    ★★Life in China★★ に参加中!
    DSCN4147 by you.

    というわけで、久々に蘇州の街を散歩して、獅子林の菊花展に行ってきました。

    でも、ONシーズンの観光地は行くもんじゃないですね。
    人が多いし、中国人観光客が多いのでなんといってもうるさい。

    菊の花はそれなりにきれいでしたが。。。

    面白かったのは、この活け花(?)

    DSCN4154 by you.

    秋ということで菊に柿をあしらったのかと思ったら

    DSCN4155 by you.

    これはトマトでした(笑)

    柿の代わりで使ったのならいかにも見た目重視の中国らしい。


    昼食のあとは「蘇州はハオチー」で紹介されていた十全街近くの「Solo Cafe」という店に寄ってきました。


    Solo Cafe by you.

    コーヒーもまともで、タバコが吸えて、無線LANもあるという、とってもお得な(?)お店でした。(スタバもいいけど禁煙だもんね)

    そこから散歩で撮った写真をFlickrにUPLOADしてきました。


    ★★Life in China★★ - livedoor Blog 共通テーマ

    承徳里

    ブログネタ
    ★★Life in China★★ に参加中!
    蘇州一の繁華街、観前街の銀行の裏に赤煉瓦の建物がある。ずっと前から気になっていたのでちょっと覗いてみた。

    観前街を西に向かって行くと銀行と公衆トイレの間に、ちょっとおしゃれな感じのする赤煉瓦の建物が見えます。

    前に住んでいたころからいつも気になっていたのですが、初めてトイレの横を通って足を踏み入れてみました。



    先日の「信孚里」と同じような集合住宅で、ちゃんと住んでいる人がいます。


    いわゆる「老房子」とは違う近代的な建物なのですが、なかなか味のある建物です。

    ★★Life in China★★ - livedoor Blog 共通テーマ
    My Flickr
    www.flickr.com
    This is a Flickr badge showing public photos and videos from taoyan_ni. Make your own badge here.
    Recent Comments
    「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
    Profile

    tuwu

    最近、時間が有効に使えていない。

    このブログのはてなブックマーク数
    訪問者数
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ