我想説・・・

嘟嘟哝哝

中国

雪でつぶれたガソリンスタンド

ブログネタ
★★Life in China★★ に参加中!
あいかわらず深センと蘇州を行ったり来たりしています。

そんな中で、ずっと気になっていたものをやっと写真に撮りました。

雪でつぶれたGS 01雪の重みに耐えきれずつぶれてしまったガソリンスタンドです。

もう一ヶ月半ぐらい前、一月の末の大雪では、中国の中部を中心に大変な被害が出ましたが、無錫から蘇州に向かう途中に、雪でつぶれたガソリンスタンドが今もそのまま残っています。




雪でつぶれたGS 02ちょっとボケていますが、こっちの方が迫力あるかもしれません。
写真では見えませんが、この下にはまだ車がそのまま残っています。


せいぜい50cmぐらいの積雪だったはずですが、そんなのは想定外だったのでしょう。日本では考えられない強度不足です。

★★Life in China★★ - livedoor Blog 共通テーマ

finalventさん「極東ブログ」へのコメント

ブログネタ
★★Life in China★★ に参加中!

極東ブログ: 中国製毒入り餃子、雑感

こちらのブログを読んでいる時に、ちょうど中央電視台で品質検査局の記者会見の短いニュースが流れていたので、コメントしようと思ったのですが、どうやら中国からの投稿は例によってスパム扱いで拒否されてしまいました。

コメントが思いがけず長くなってしまったので、もったいないからUPします。

以下コメント------------------------------------------------------------------
中国で製造業に従事しています。

こちらのブログで書かれているように人為的なケースが可能性としては一番高いと思われます。
報道によれば労働争議が起きていたようなことも書かれており、年末に解雇された労働者がいるという報道もありました。
1月1日から労働契約法が改定され、10年以上勤めた労働者には無条件で終身雇用契約を結ぶ権利が与えられました。
駆け込み解雇というか、契約解除が行われているところもあると聞きます。

私がいるところでは出稼ぎが多く10年以上になるものの割合は少ないのですが、この製造元の場合は地元の人を長期間に渡って雇用していたため対象者が多く契約解除された人が多かったということも考えられます。(あくまで可能性ですが)

いずれにしても、我々の常識で言えば製造委託元(OEM/ODM)に対しては、事前監査・定期監査などで品質的な保証を委託元が自己責任で行っています。
しかし、食品輸入業界の場合その辺りが非常にいい加減というか、おそらくろくに製造現場を見ていないのではないかとの印象があります。

電子機器業界では、取引先についての品質・環境・コンプライアンス(労務管理も含む)の要求が厳しくなっていますが、食品業界自体の体質として、国内での偽装も含め非常にいい加減であることも一つの原因だと思います。

最後に、餃子についてですが、基本的には東北地方の食べ物で、長江流域以南はワンタン(見た目は餃子と同じで具も多い)が主です。

焼餃子については、2、3年前から「日式餃子」ということで、テレビCMで焼き方まで宣伝して売り出してたりします。そんなに売れているとは思いませんが。。。

------------------------------------------------------

この記事をUPしてから、別のブログで私が考えていたのと同じようなことをきちんと書かれていたのを見つけましたので一言追記します。

そのブログは、ずいぶん前にネット規制の話かなんかでリンクしていただいた?gucchiさんのブログです。以前は北京にいらっしゃって今は日本に戻られたと思いますが間違ってたらごめんなさい。

ぺきん日記-中国/北京より- (live door版):毒入り餃子・イタク製造元『天洋食品工場』へようこそ。

まず、国旗の話、さっき記事にしたのですが同じところに気がついておられたようでやっぱりと思いました。

それから、品質・安全性管理についても、電気製品その他の工業製品のことを考えれば、当たり前のことがやられていないという意味で、やはり「双日・JT・COOP」は責任を免れないと思います。

★★Life in China★★ - livedoor Blog 共通テーマ

中国での毒餃子の報道規制

ブログネタ
★★Life in China★★ に参加中!

毒餃子事件に関して、中国での報道が一部規制されている模様です。

今朝の段階では、人民網(人民日報電子版)に共同電が掲載されていただけでしたが、午後から各報道機関のサイトが同じく共同電の続報記事を一斉に掲載しました。

しかし、朝の時点で見れた共同電(中国版)を一番最初から追いかけて掲載していたブログ記事が削除されています。

一部日本でも報道されているネット上での反応ですが、私が確認した限りでも現在見れるのは、下記の搜狐(sohu)のページだけです。

我来说两句-日媒体称中国产冷冻饺子致人中毒 正展开调查-搜狐网站

中国政府は、事件の性質上中国国内での反日の言動が表面に出ることを恐れて、この報道を押さえ込んでいるように思われます。

北京オリンピックを控えて、製造元である「天洋食品」の輸出先が日本だけではないということもあり、かなり神経質になっているものと思います。

ある程度調査が進んだ時点で、一気に責任者を拘束して責任追及を行うのではないかとも考えられます。

こういうことに関しては、やるとなったら日本政府よりはずっと明確な形で決着をつけて、日本以外の国にアピールするのではないでしょうか?

【追記】
下記の掲示板でもこの問題が出ているのを確認できました。

日媒体称中国产冷冻饺子致人中毒 正展开调查

★★Life in China★★ - livedoor Blog 共通テーマ

【追記最新報道】
新華社のサイトでは、上から9番目で太字の表示になっています。昨日よりも扱いが上になってきているようです。
人民日報のサイトは、韓国への波及も報道されています。

中国驻日使馆发言人就日本食物中毒事件发表谈话_国际频道_新华网

向日本出口速冻水饺的食品厂暂时停产配合调查_时政频道_新华网

日毒饺子事件引发连锁反应 韩开始清查中国饺子--食品频道--人民网


女子当众逼男友跪雪地半小時

ブログネタ
★★Life in China★★ に参加中!
大雪の中国ですが、こんなことも。。。


見出しは「女の子が公衆の面前で30分も彼氏を雪の中にひざまずかせた」かな?

写真についてるキャプションでは、彼女は「彼氏と言い争いの後、十数発のビンタを喰らわせ、さらに雪の中で30分もひざまずかせた」ということです。

中国語のお勉強になりますね。

发生矛盾」=喧嘩になった
    二人の間に矛盾が発生したわけですね。それで喧嘩になった。

当众连抽男友十几个耳光」=公衆の面前で、彼氏に続けざまに十数発のビンタを喰らわした。
    「
当众」は「みんなの前で」=公衆の面前で
    「
连」=「連」、連続して
    「
抽」は「ひっぱたく」
    「
耳光」は「ビンタ」、耳のあたりに閃光が走るのかな?なんとなく判りますね。

还逼其跪在雪地里长达半小时」=さらに彼女は彼氏を30分に渡って、雪の中に跪かせた。
    「还」=「さらに」
    「
逼」=「強いる」無理やりですね。
    「
其」=この場合は「她」(彼女は)という意味かな。
    「
跪」=跪く。日本語とおなじです。
    「
在雪地里」=雪の中に
    「
长达」、「达」は「達」
    「
半小时」=30分、1時間は「一小时」

それでもって、こういうときはやっぱり近所のお店のおばさんが一部始終を見てたりするんですね。

で、そのおばさん(商店主)によれば、

上午8点半左右,这对男女来到广场,(朝八時半ぐらいにその二人はやってきた)

“不一会儿(まもなく),女的停下来(女が立ち止まった),拼命骂那个男的(一生懸命男を罵った),嗓门特别高(声は大きくて),男的连嘴都不敢回(男は言い返すこともできない)。

后来(それから),那个女的对着男的脸(男の顔を),左右
开弓(左右の手で交互に),连抽了十几个耳光(続けて十数発ビンタを喰らわした),打得男的跪在地上不敢动(男は地べたに跪いて動くことも出来ない)。”

それでさらに、

那个女子还觉得不够解气(彼女はそれでも気が治まらなくて),一边骂(罵って),一边又抽男子的嘴巴(男の口を引っ張った?),“还把他的眼镜打掉在地上(男のめがねを叩き落した),男的一直没有还手(でも男の方はずっと手出ししなかった)。”

結局最後は、一緒に立ち去ったみたいですね。

見てた人はやりすぎだとか言ってるみたいですが、そう言ってるおばさんだって似たようなことやりそうな気がする。
日本だったら「ありえないっちゅーの!」ですが、中国ならあり得るって思うのは私だけじゃないよねぇ。

★★Life in China★★ - livedoor Blog 共通テーマ

中国:毒餃子の製造元について

ブログネタ
★★Life in China★★ に参加中!
日本で大騒ぎになっている冷凍餃子での中毒の件ですが、その製造元の「天洋食品」という会社。ホームページを見た限りでは、かなり怪しいという印象です。


まず、第一に中国では日本以上にISOなどの国際認証資格を誇示します。
したがって、創業間もない企業がISOの認証を受けていたりして、どうも怪しいなぁと思うこともよくあります。

ところが、この「天洋食品」のサイトを見ると、ISOをはじめ食品会社でよくあるHACCEPなどに関する記載が全くありません。
通常、このぐらいの規模(総資産10億円ぐらい)の会社で輸出もかなりやっているのであれば、実態はどうであれISOやHCCEPなどの認証は取得していると思われます。

たしかに、製造側の責任は大きいですが、輸入する側がきちんとした事前調査、定期的な立ち入り監査などをやっていなかったのではないでしょうか?

我々も中国で製造業をやっていますが、中国企業でも規模が小さくてもちゃんとやってる所がいっぱいあります。
でも、商売をするときはカタログや営業の説明だけでなく、必ず工場を見せてもらっています。

建物が汚くても、設備が古くても、きちんと管理している、管理しようとしている会社は現場を見れば判ります。
それが判らないなら商売しないほうがいいです。

中国のトンデモばかりが強調されがちですが、中国と商売するならそういうのもあるという現実をきちんと見据えてやらなければならないと思います。

それにしても、この会社はなんだか怪しいですねぇ。なんでこんなところと取引してたんでしょうか?
下の報道を読むと元国有企業なんじゃないかという気がしますがねぇ。

輸出時の検疫免除? 中国ギョーザ食中毒事件 - MSN産経ニュース

だいたい、輸出入先の紹介がありますが国旗と国名がメチャクチャですよ(笑)




★★Life in China★★ - livedoor Blog 共通テーマ

出稼ぎ労働者と大雪

ブログネタ
★★Life in China★★ に参加中!
昨日ですが、こんなSMSが携帯に送られてきました。
广州铁路(集团)公司公告:
1、从1月27日至2月6日止,暂停售票。
2、按乘车日期的10天内,全额退票。
3、从1月27日至2月6日,暂停车票当日有效的原来规定此期间所有已售车票均视为有效。
退票业务咨询及投诉电话:020-61325222。(详见1月28日南方日报)
1月27日から2月6日までは、切符の販売を中止するという公告です。

2月6日といえば、こちらでは大晦日にあたります。
普通なら、この期間に田舎に帰り年越しを家族と過ごすのは中国人にとって一年で一番重要な行事です。

昨日までの記事で載せていますが、広州駅は広東省から各地に向かう列車の基点です。
深セン・東莞・珠海など、広東省の各地で働く出稼ぎ労働者が故郷に帰るために集まってきます。

今回の大雪がなくても、広州駅前には20万人ぐらいの人が集まってくるのです。

下の写真は、2年前に撮った春節の一週間前の広州駅の様子です。すでに数万人集まっています。


広州駅02
広州駅01


(クリックで拡大)

今回は、大雪のためとんでもない数の人が足止めをくっています。

これらの人たちの中にはかなりの割合で、帰省を機に今までの仕事を辞めた人たちがいます。

いま当局は、出来るだけ帰省をあきらめて、広東省で正月を迎えるようにと呼びかけていますが、仕事を辞めてしまった人たちは、今まで住んでいた会社の寮に戻ることも出来ないので住むところすらない。
だから、こうして駅前で列車が出るのを待つ以外に仕方がないという状況です。

今から急に仕事を探せば、人手不足で働き口はあるでしょうが、そうそう良い条件の所があるわけではありません。
本来なら田舎でゆっくりと他所から同じように帰ってきた人たちと情報交換したりして、より良い仕事に就こうというのが彼らの目論見です。

単純に大雪でダイヤが乱れたから帰省をあきらめれば良いというものではないのです。


★★Life in China★★ - livedoor Blog 共通テーマ

日本の新幹線は雪に強いin 中国

ブログネタ
★★Life in China★★ に参加中!
大雪で鉄道もメチャクチャな状態の中国ですが、上海-南京、上海-杭州の新幹線だけは正常に運行しているようです。

ココの車両、日本の東北新幹線と同じ車両なんですよね。






★★Life in China★★ - livedoor Blog 共通テーマ

中国の大雪 その2

ブログネタ
★★Life in China★★ に参加中!
中国の大雪はまだ続いています。

ニュースでも連日報道されていて、特に春節の帰省時期ということもあって広州駅前は大変なことになっています。

広東省の珠江河口地域は深センから東莞・広州・珠海にかけて、中国最大の工業地帯で、出稼労働者の数も中国一です。

この広東省から全国各地に向かう列車は、ほぼ全て広州駅が基点となります。そのため、只でさえこの時期、広州駅には最高で20万人ぐらいの人々がふるさとに帰るために集まってきます。

そこに、この大雪です。
特に今回は広東省への出稼ぎ者が多い湖南省・湖北省が大雪に見舞われた
こともあり、広州駅前はこの状態です。

金曜から休みを取って帰省したスタッフは、昨日の朝電話で、「広州駅前に30時間もいる。いつ列車が出るか判らないから離れるわけにもいかない。食事も出来ない状態」と連絡してきました。

雨が降っているので、雨宿りできる高架道路の下はこんな状態です。

蘇州からもメールで工場の周りなど、雪が積もった写真が送られてきました。スタッドレスタイヤなどありませんし、誰もチェーンなど持っていないので、会社の車も出せない状態と言ってました。

でも、下の写真なんかみると、雪が積もった蘇州の庭園はきれいだろうなぁ。とか思ってしまいます。
とても観光客がいける状態ではないので、それを見れるのは地元の人の特権だと思うのですが、蘇州の人に言ったらとてもそれどころじゃないみたいです。


★★Life in China★★ - livedoor Blog 共通テーマ

百度JAPANが中国から見れない件

ブログネタ
★★Life in China★★ に参加中!
中国でNo.1のサーチエンジンの「百度」(baidu)が日本でもサービスを開始しました。

早速覗いてみようと思ったのですが、なんと中国からは見れない。金盾に阻まれているようです。

Yahoo!やGoogleは、香港・台湾以外はちゃんと見ることが出来るのに、中国企業である百度の日本サイトが見れないなんてどういうことなのでしょうか?

まあ中国なんで気にしても仕方ないかと気を取り直して、例によってproxy経由で繋いでみたら、あれ?TOPページのデザインがちがう。

日本の百度のTOPページは

でも中国では、もっとシンプルです。

どっかで見たような気がしませんか?

中国のGoogle「谷歌」のTOPページとそっくりですねぇ。

ちなみに、最近Yahoo! JAPANのTOPページが新しくなりましたが、中国雅虎(Yahoo! China)に似てきたような気がしてますがどうでしょうか?



一般的に、中国のポータルサイトというのは、やたらゴチャゴチャと盛り沢山 で、しかも漢字がびっしりという感じで見てるだけで眩暈がしそうなくらいです。

だから、そこで情報を探すのはかなり集中力がいりますし、本気でなんか調べたりするグッタリしてしまいます。


★★Life in China★★ - livedoor Blog 共通テーマ

ロッカーは俳優になるとなんで渋いのかなぁ?

ブログネタ
★★Life in China★★ に参加中!

日本では、内田裕也とか白竜とか石橋凌なんかのようにロッカーが俳優になると渋くてかっこいい人がいますが、中国でもそういう人がいます。

↓この映画で音楽教師の父親を演じている「崔健」という人がすごくいいです。
元々は中国の伝説上のロッカーです。いろいろな迫害を受けたりもしながら、現在では比較的自由に台湾や香港、そのほかの国でもライブを行っています。

再見 また逢う日まで デラックス版








下の動画は、天安門事件の時に学生たちが歌っていたとされる「一無所有」という曲です。初期のよりはちょっとアレンジされてスマートになっていますが、字幕付きの動画をさがしてみました。



↓日本のテレビで中国のロックアーティストが紹介されています。ベルリンでのイベントの動画です。







★★Life in China★★ - livedoor Blog 共通テーマ
My Flickr
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from taoyan_ni. Make your own badge here.
Recent Comments
Profile

tuwu

最近、時間が有効に使えていない。

このブログのはてなブックマーク数
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ