我想説・・・

嘟嘟哝哝

RICOH R10

最近の写真

最近ずっと更新をサボってましたが、ここ最近の写真を何枚か。

R0012692
台風が近づく土曜日に、山塘街の近くで。
水たまりに映る青空に期待して、しばらく雑貨屋の店先で雨宿りしてました。

R0012691

雨傘を母親から借りて、楽しそうに走り回っている少女。
雨の中で、なんとなく慌ただしい日常から解放されたような気がしました。

最近知ったのですが、拙政園は朝7時半から開園しているということ。
ちょっと遅く出勤の土曜日、会社に行く前に拙政園に寄ってみました。
石畳
湿った感じの石畳がなんとなく新鮮で、ちょっとローアングルから撮ってみました。

hasu
蓮の花は、もうそろそろ盛りが過ぎたようでしたが、葉陰に隠れた花の方がキレイだったのが印象的でした。

《RICOH_R10で撮影》

春祭り?

三連休の中日、雨が降っていたのですが部屋にいるのもなんなのでちょっと出かけようと思い、観光地はどこもクルマでいっぱいだろうからと田舎の方をドライブしてみました。

もう、菜の花は終わり、花の終わった菜の花畑と、麦畑のやさしい緑がいっぱいでした。

新しい幹線道路から脇にそれてみると、地元のお祭りのパレード?が行われていました。

クルマで走り抜けるのもためらわれたので、ちょっとクルマをおりてみました。

いつも街や風景の写真ばかりなので、たまには人を撮るのもいいかなと思ったのですが、これがなかなか面白い。

農村なので、農家の人たちのお祭りなのでしょう、なかなか表情が豊かで味わいのある人たち

蘇州の街中で見かける人たちとはちがって、日焼けした顔で表情もとても豊かな感じがしました。

それと、行列を見る子供の表情が妙に懐かしい昔の日本みたい。

農村のお祭りは、日本も中国(江南はとくに)も変わらない感じがします。

《RICOH R10で撮影》

虎丘周辺とか

定園の駐車場がいっぱいだったので、仕方なく虎丘の駐車場にクルマを泊めた。

虎丘に来たのはたぶん5年ぶりで、周りはすっかり整備されてキレイになっていた。

歩いていると日本人だとすぐ判るので、いろいろ声をかけられるんだが、自分で運転してきているってクルマのキーを見せるとおとなしく引き下がる。

例によって、虎丘のような観光地には向かわず、クマのぬいぐるみを抱いた女の子の後を追うように観光客の居ない方向に歩く。

果物屋の店先。イチゴにミニトマト、ミカン。

袋に入ってキレイに見えるミカンはかなり怪しい。古くなったやつを包装してキレイに見せている場合が多いので要注意だ。

ちょっとセピア色なんかにしてみる。

ぼんやりした天気なので、この方がすっきりした絵になったりする。

洗濯物がいっぱい。これだけ掛けても大丈夫なようにロープを張るのはプロの仕事って感じがする。

馬桶を運ぶ人。

この辺はまだ下水道が整備されていないので水洗になっていないのだろう。

水路と船と橋。どこで見ても江南のトレードマークみたいな絵になる。

新芽が吹いた柳の枝越しの風景も蘇州の春。

《RICOH_R10で撮影》

定園というところ

虎丘の近くに「定園」という所があるらしいので行ってみた。

とりあえず、今日のベストショット(?)は柳の新芽かな?

観光案内にもほとんど載っていない割には、中国人の団体が多かった。

はっきり言って、どうでもいいって感じの庭園というか「園林テーマパーク」って感じでした。

元々は明代の庭園らしいのですが、整備したつもりなんでしょう。

でも、いじりすぎ。

一言で言うと「庭園としての”品”がない」ってこっテス。

深センの民族村みたいな感じかなぁ。

至る処に写真好きな中国人が好みそうな記念撮影スポットみたいなところがあって、結局あまり写真も撮らずに出てきてしまいました。

とりあえず、入り口は撮っておこうと思って振り返ったらコレ。

まあ、コレで納得です。

《RICOH_R10で撮影》

太湖西山の梅花

先週の土曜日。久しぶりに天気がよかったので、太湖西山に梅を観に行ってきました。

6年前から蘇州に来ていますが、西山の梅を観に行ったのは初めてです。

白梅、紅梅いろんな種類があり、山の上から見た梅海といわれる眺めはなかなかのものでした。

梅林の中を散策していてミツバチが多いことに気がつきました。

道ばたでも名物のミカンなどに混じってハチミツも売られていました。

《RICOH_R10で撮影》

冬天的蘇州

妻が遊びに来たのでとか書きながらカメラの話になってしまったけど、平江路とか獅子林、山塘街などを歩いた。

一人で散歩するのとはちっと勝手が違うのだけど、話ながら歩くというのもたまにはイイもんで、いつもは入らないカフェに入ったりカメラのアングルもちょっと違ったりする。

獅子林にあった梅の盆栽?なのだけど、全部接ぎ木になっているみたいで、土台になっている木は全てこんな感じでぶった切られている。ちょっと痛々しい感じがした。

日本でもこんなふうにしているのだろうか?

平江路の中程にあり何度か写真を撮ったことのあるこの建物、工事は終わったようだが何かに使われている様子はない。

この他にもキレイになったけど空き屋の所があった。景観保護のために改修工事してテナントを集めようということのようだ。

前の記事にも載せたカフェの内装。こういう感じの店がもっと増えていくのだろう。

じつはあまり歩いたことのない山塘街のメインストリート。二胡と琵琶の音色がなかなかいい感じ。もう少し暖かくなるとのんびり聞いていられるのに。

結婚の写真撮影は何組も見かけた。山塘街には紅いチャイナドレスが似合う。

《RICOH_R10で撮影》

R10で蘇州

先日、日本から妻が遊びに来たので平江路や山塘街なんかを散策した。

その前にも北寺塔あたりを歩いたりしてリコーのR10というカメラで蘇州の街を撮った。

そんな中から何枚か載せようと思うのだが、イマイチ色の出が違うのでちょっと戸惑っている。

冬の空気を感じるような色合いなのだが、三輪車の赤もなんとなく寒々とした感じになる。

煉瓦の色もリアルだけど物足りない。

平江路のカフェで、いろいろと設定を変えて撮ってみた。このショットはちょっといい感じになった。

カフェの雰囲気は出ていると思う。

R10の良いところは接写マクロで手軽に撮れるところ。

こういう写真は得意みたいだ。

雪景色とか

近くで写真を撮ってまわってますが、やっぱり雪景色というのはそれだけで絵になるなぁって思ってます。

そんな中から何枚か

逆光ですが奥に見えるのは月山。

こちらは、ありがちな構図ですが鳥海山。

どちらも家からクルマで10分以内のところで撮影しました。

昨日UPした公園もふくめ、改めて環境の良さを感じてます。

それと、中国と比べたらなんて空気が澄んでいるんだろうって。。。

まだ新しいカメラに慣れないんですが、このようにズームを使うとレンズが暗いせいかもしれませんが、なんとなく良い色が出たりします。

ついでに、ラーメンを食べがてらちょっと海岸にも行ってみました。

海岸には犬の散歩させてる人とか、ラジコングライダーやってる人たちが居ましたが、いずれもお年寄りばかりでした。

《RICOH_R10で撮影》

春節休暇で帰国中

春節休暇で日本に帰ってきています。 ずっと雪が降っていましたが、今日は快晴。 この青空は中国ではなかなか見れない。

そんなわけで、今日は朝からちょっと写真を撮ってまわってました。

今回の帰国に合わせてリコーのR10をネットで注文しておいたので、そのカメラでの撮影。

このカメラ、信じられないほど安くなってました。そういうしわ寄せがうちらの業界の利益率低下となっているんですが。。。

まだちょっと使い慣れていないので結構失敗したりしてますが、お天気がその分をカバーしてくれてる?

最初の写真は近くの公園にある旧市立図書館。上の方に無粋なクレーンが写ってますが、この裏側で藤沢周平記念館を建設中です。

その建物の前にあるお堀では渡り鳥が氷の上で休んでました。

この公園は家から徒歩15分、通っていた高校の目の前にあるので、2学期の美術の授業はこの公園で写生。2学期の間に一枚仕上げればOKというすばらしい授業でした(笑)

こうやって、改めて雪景色を眺めるとなかなか良い公園です。

《RICOH_R10で撮影》

My Flickr
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from taoyan_ni. Make your own badge here.
Recent Comments
Amazonライブリンク
Profile
このブログのはてなブックマーク数
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ