我想説・・・

嘟嘟哝哝

DVD(映画/ドラマ)のこと

実録・連合赤軍

実録・連合赤軍 あさま山荘への道程 [DVD]
実録・連合赤軍 あさま山荘への道程 [DVD]
クチコミを見る

とりあえず、海賊版で観るのは申し訳ない映画だった。

若松孝二は「実録」というだけに、予断や偏見を排して淡々と真実は何だったのだろうかという眼で前半は良かった。

連合赤軍については、同時代の人たちや左翼運動を担った人たちによって、その意味や同志殺害という凄惨な結末に至った原因が繰り返し問い直されてきている。

この映画を観て感じたのは、森恒夫と永田洋子という二人のリーダーの台詞が物足りなかったという点である。
彼らの台詞には説得力が無く、山岳ベースでの極限状態とはいえ、「総括」を求める彼らの言葉はどう見ても相手を論破し、沈黙させるにはあまりにも浅はかとしか言いようのないものだった。
フィクションを排除しようという意図のためにそうなったのかもしれないが、残念ながらそれが結局この映画でも「連合赤軍」が何だったのかが分からないという物足りなさ、曖昧さを残してしまったように思う。
でも、それは赤軍をずっと見つめてきた若松孝二が気がつかないはずはない。知った上でそうしているのだろうか?

「連合赤軍」を「総括」するのは、簡単なことではないし、多くの人がそれを試みながら未だにあれがなんだったのかは明確に説明することは出来ない。組織の問題、思想的な陥穽、戦略的誤謬等々、沢山の要因があるだろうが、この映画やいくつかの本を読んで思うのは、やはり森と永田という二人のリーダーの器というか、「リーダーとして」の資質・人格というのがもっとも大きな要因だったのではないかということである。

そうやって、二人の資質というようなところだけを強調することで矮小化されるとの考え方もあるが、実社会を見ていると政治党派に限らず企業でもどんな集団でもリーダーの器が集団に与える影響の大きさは非常に大きいと思う。
「総括」を要求する二人のリーダーが、もっとも自らの思想や理論(内容はともかく)を内在化していないという矛盾が、「連合赤軍」の悲劇の一番の原因なのだと思う。

二人のリーダーが「前段階蜂起論」や「毛沢東理論」という彼らの理論・思想から「総括」というものをどのようこじつけて導きだしたのかを見せて欲しかった。
もしかしたら、たいしたこじつけすらなかったというのが事実なのだろうか?

それから、映画ではほんの一瞬しかなかったが、塩見議長側近で途中から復帰し「総括」で殺害された山田孝が森恒夫をどう批判したのかももっと表現して欲しかった。
それは、森恒夫が逮捕拘留中に一人だけさっさと自殺してしまった理由を示唆するものではないかと思うからだ。

あとは、あさま山荘に立て籠もってから、最年少の加藤の台詞。 あれは本当なのか?本当だとしても、あれはないだろうと思う。

竜頭蛇尾という感じがした。

でも、映画がどうであれ「連合赤軍」という事実はとても重く、これを見ることでまた思い出し、どこかで考えることをやめていたものが吹き出てきてしまう。


 新左翼とは何だったのか (幻冬舎新書)
新左翼とは何だったのか (幻冬舎新書)
クチコミを見る

テレ朝50周年ドラマ「警官の血」

「警官の血」のDVDが出ていたので買ってきた。

今月初めにテレ朝の50時間テレビでやっていたドラマ。

例によってHDDレコーダーが出てからはドラマの海賊版が出るタイミングが早くなっている。しかも、デジタル放送になったおかげで画質も非常によい。

このドラマの原作はまだ読んでいないのだけれど、作者の佐々木譲のブログはかなり前から読んでいるので、この放送があったこともそのブログで知りました。

このドラマ、久々に原作が読みたいなぁという気持ちになるドラマでした。

女性が主人公で何世代がを描いたドラマというのは、松嶋菜々子主演の「百年の物語」や章子怡の「茉莉花開」などがあるけど、男性が主人公のはあまり記憶にない。

しかも、先の二つはいずれも一人の女優が3代を演じているのだが、「警官の血」の場合はそれぞれ別の俳優が演じている。

女性と男性では世代の繋がり方が違うということなのだろうか?女性の方が普遍的なのかもしれない。

というわけで、敗戦後まもなくから現代まで警官三代の物語はなかなか面白くて、一気に見終わってしまった。

ちょっと気になったのは、二代目「民雄編」の学生運動のところ。

アジテーションがへたくそ、少なくとも北大にいたはずの三派系党派ではない。

使ってるトラメガ(トランジスタメガホン)がマイク一体型でこれもあまり使わない。避難訓練じゃないんだから。

それから、大菩薩での機動隊の警告がまったくリアルじゃない、あんなしゃべり方はしない。それと、ジュラルミンの盾の寸法が違うんじゃないのかなぁ?並んだときの感じが違う。

OLにっぽん

http://otho.douban.com/lpic/s3283033.jpg

ドラマ「OLにっぽん」のDVDが先週から出回っています。
日本での視聴率をみるとそんなに良い数字じゃないので、あまり受けなかったのかな?

会社の通訳たちに聞くと結構面白いって言ってます。彼女たちはネットでほぼ一週遅れで観ていたようです。
日本に研修に行ったことのある通訳は、ドラマの内容と同じようなことがかなりあったと言っています。

我々から見ても、特に中国人との接し方でナルホドと思うことが沢山あります。
すでに中国で働いている日本人の中にも、中国人のことを全く理解しようとしない。というか、自分のやり方を押しつけるばかりでローカルスタッフに総スカンを食っている様な人がまだ沢山います。

日本人と中国人の立場も、中国側の進歩に比例して変わってきていると思いますし、いつまでも「進んだ日本」が「遅れた中国」を指導するみたいな考え方ではやっていけないことを理解する必要があると思います。
結局そういう人は、中国人と上手く関係を作っている他の日本人からも疎まれるということになってしまいます。

そもそも最初から人と人が一緒に何かをする時に、そんな態度、考えは極めて不遜なことだと思いますが。。。

まあ、この「OLにっぽん」というドラマ、それからも一つ今年放映された「上海タイフーン」と、中国人と仕事する者としては考えさせられるドラマでした。

http://otho.douban.com/lpic/s3259397.jpg

海角七号

久しぶりに映画をひとつ。

日本でも公開されているのかもしれませんが、台湾映画「海角七号」。

最近観たDVDでは一番良かった。

台湾映画で、台湾語が多いのでその部分は字幕でしか判らないのですが、日本語で読まれる手紙と、物語の進行の相乗効果で涙腺をゆるませる切ない映画です。

この映画、ちょっとだけ中国語が判れば日本語ネイティブの方がグッとくるんじゃないかと思います。

ところで、中孝介はあまりしゃべらせない方が・・・とか思ったんですが、この人って光良の「童話」をカバーしてる人ってしか知らないんですけど。

天使がくれた時間(ついでに「OLにっぽん」)

ブログネタ
★★Life in China★★ に参加中!
昨夜は暇だったので久しぶりに洋画のDVDを観た。

天使のくれた時間 デラックス版
天使のくれた時間 デラックス版

なかなか、ほのぼのとしてよい映画だった。

誰にでも「人生の選択」みたいな瞬間が一度はあったと思う。
そんな心の琴線を揺さぶるところがうまい。

ニコラス・ケイジが出てる映画はとりあえずはずれが少ない。

全然関係ないけど、「OLにっぽん」って面白いですね。

放送の翌週には中国の動画サイトに中国語字幕つきでアップされてます。

OL日本 第3集
(日本からは著作権の関係で普通には見れないと思います)

日本語がうまい方の小姐(ローラ・チャン)って、本当に杭州出身なんですね。

一世を風靡した湖南電視台の「超級女声」でベスト50に入ったということで、中国だと「超女陈怡」と紹介されてます。

中国の掲示板では、日本でグラビアアイドルだったというのが、いつの間にか日本でAVに出ていたという話になっていますorz

★★Life in China★★ - livedoor Blog 共通テーマ

ドラマを観ていて思うこと

ブログネタ
★★Life in China★★ に参加中!
最近、中国や韓国のドラマを観ていて思うことなのですが、

・どういうわけか男一人に女二人がからむ話が多い。

・大抵は最後は男が片方の女を選ぶことになる。

・選ばれる女より選ばれない女の方がキレイ。

・選ばれる女の方が面倒くさそうな性格。

これはあくまでも主観です。

でも、こういう設定になる理由は必ずあるはずで、なんとなくわかるのですが文章に纏めるほど考えるのは面倒くさいのでとりあえず辞めときます。

★★Life in China★★ - livedoor Blog 共通テーマ

上海王

ブログネタ
★★Life in China★★ に参加中!
上海王











『上海王』

最近ハマっているドラマです。

主演の袁立(yuan li)がすごくいいです。

でも、テレビで見ているので時々見逃してしまうのが残念。
現在24話まで観てますが、終わったらDVDでもう一度最初から観ようと思います。

★★Life in China★★ - livedoor Blog 共通テーマ

サウスバウンド

ブログネタ
★★Life in China★★ に参加中!
最近は深センと蘇州を行ったり来たり。

昨日深センに戻り、今日は午後から仕事で恵州へ。

10時頃に帰ってきたのですが、ちょっとコンビニに寄ったら映画「サウスバウンド」のDVDがあったので、ついつい買って観てしまいました。
サウスバウンド スペシャル・エディションサウスバウンド スペシャル・エディション

奥田英朗の原作が面白かったので期待していましたが、小説を読んでしまっていると物足りないという印象です。

東京編では、二郎と過激派活動家のやりとりが無くなっているし、沖縄編でも、クライマックスに行くまでの経緯が大幅に削られていて、盛り上がりに欠けてしまっています。
表面をなぞっただけのような脚本で、森田芳光にしてはちょっと期待はずれでした。

もともと、原作がかなりボリュームのある小説なので、映画にするにするのは難しいのかもしれません。
とにかく、役者がいいだけに、見終わった後でわざわざこのエントリーを書いてしまうぐらい期待はずれだったということです。

でも、ひょっとしたら原作を知らずに観ればそれなりに面白い映画なのかもしれません。

★★Life in China★★ - livedoor Blog 共通テーマ

ロッカーは俳優になるとなんで渋いのかなぁ?

ブログネタ
★★Life in China★★ に参加中!

日本では、内田裕也とか白竜とか石橋凌なんかのようにロッカーが俳優になると渋くてかっこいい人がいますが、中国でもそういう人がいます。

↓この映画で音楽教師の父親を演じている「崔健」という人がすごくいいです。
元々は中国の伝説上のロッカーです。いろいろな迫害を受けたりもしながら、現在では比較的自由に台湾や香港、そのほかの国でもライブを行っています。

再見 また逢う日まで デラックス版








下の動画は、天安門事件の時に学生たちが歌っていたとされる「一無所有」という曲です。初期のよりはちょっとアレンジされてスマートになっていますが、字幕付きの動画をさがしてみました。



↓日本のテレビで中国のロックアーティストが紹介されています。ベルリンでのイベントの動画です。







★★Life in China★★ - livedoor Blog 共通テーマ

医龍2

このあいだ「医龍2」のDVDを観終わったのだが、この記事に載せようと思ってネットで探したが見つからないなぁと思っていたら、まだこのDVD発売されてませんよね。

ネットでも面白いと評判だったので、早く見たいなぁと思っていたのですが、日本での放送終了の翌週には店頭に並んでました(笑)

医龍2












さて、ホント面白くて3日間で観終わったのですが、ちょっとだけ話が面白すぎるというか、やりすぎじゃないかと思うような気もしました。

ひょっとしたら、間延びした中国のドラマになれてしまったせいかもしれないけど。

それでも毎回確実に引き込まれてしまい、一気に全部見てしまいたい欲求を抑えるのが大変でした(笑)




My Flickr
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from taoyan_ni. Make your own badge here.
Recent Comments
Amazonライブリンク
Profile
このブログのはてなブックマーク数
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ