我想説・・・

嘟嘟哝哝

本のこと

【本】企業が「帝国化」する

この本を読むとTPPとは何なのかということがよく分かる。

 アップルとの対比で、「じゃあ、サムソンはどうなのか?」と考えてみる。

 サムソンやLGなどは、グローバル化に対応しつつも韓国企業であることをやめようとしているようには見えない。 そして、サムソンを擁する韓国はTPPは自国の利益にならないとして早々に米韓FTAという道を選んだ。

 状況から見ると、日本も韓国と同じような状況だと思われるが、結局は政治判断の遅れと政治家のグローバルな経済戦略への無知からズルズルとTPPの泥沼に引きずり込まれてしまっている。

 食品業界のモンサント社の話を読めば、TPPで問題になっている農業問題は日本の農業というギョーカイの問題ではなくて「食」の安全の問題なのだということがよく分かる。
 「農業を守れ!」というスローガンを掲げつつ、結局は自民党と手打ちをしてしまうであろうJA中央などの事を考えてみると、陰謀論的に見れば、経済問題としての農業に集中することで、肝心の「食の安全」から目をそらそうとしているのではないかとさえ思ってしまう。

 加えて、TPP参加を推進する日本の輸出産業は、グローバル化が遅れていると言われるが、案外サムソンが「韓国」にこだわるほどには「日本」にこだわらないということなのかもしれない。


 それから、フォックスコンに関する記述は、現実を踏まえて極めて公平に、冷静に書かれていると思う。

 龍華のフォックスコンでは、寮だけではなく工場棟にも自殺防止ネットが張り巡らされている。あれを見れば確かに異常と思ってしまうが、日本の人口20万〜30万の都市で年間どれだけの自殺者がいるのかを考えると気持ちが暗澹としてくる。飛び降り自殺の少ない日本では都市中のビルにネットを張っても自殺は防げない。

 賃金や厚生施設などを見るとフォックスコンは明らかに平均よりはかなり高いレベルと言える。(本書で書かれているのは控えめな気がする、おそらく社会労働局あたりの役人の話を真に受けている)
 中国のブラック企業は中国資本の方が圧倒的に多いし、炭鉱事故のニュースを見るまでもなく無茶苦茶なブラックが山のようにある。
 確かに台湾系は外資の中では就職先として最低ランクとされているが、それはすでに他の企業であるレベル以上の管理スタッフになっている人々にとっての話であり、末端のワーカーにとっては給料がまともで厚生施設もまあまあならどこも同じなのだ。
 台湾系が嫌われるのは、同じ言葉を話し生活習慣もよく理解しているだけに厳しい管理ができている点である。確かに、とんでもないこともやるがそれは中国企業と同レベルのことをすることがあるという話でしかない。

 最後まで読んで、現在の日本で大学を卒業してこれから企業に就職する人たちは、沖に止まっている立派な船に乗るための艀(はしけ)に乗るようなものなのかと思ってしまった。
 立派な船に乗れるのはほんの一部で、残りはずーっと艀で水上生活か、艀ごと沈んでしまう運命のようで切なくなってしまう。用もなく立派な船に乗っている連中をさっさと放り出して、可能性のある若い人を一人でも多く乗せてやればいいのにと思う。

 それに、就活で列に並んで艀に乗っても、乗ってしまったら自分だけ外に行きたくでも海に飛び込まないと行けなくなってしまう わけだから、最初から「艀なんかに乗らない!」という選択も、もっと増えてもいいんじゃないか?

宇沢弘文「自動車の社会的費用」

自動車の社会的費用 (岩波新書 青版 890)
自動車の社会的費用 (岩波新書 青版 890)
クチコミを見る

ずいぶん昔に読んだ本だったが、中国で自動車が急激に普及する様子を見ていて、是非中国人に読んで欲しいものだと思っていた一冊です。

今回日本の本屋に行ったら、岩波新書創刊70周年記念の「私のすすめる岩波新書」で内橋克人さんが選んだ一冊になり増刷されたらしく、思いがけず沢山並んでいたので買ってきました。

この本は初版が1974年なので、35年前の日本の様子を元に書かれているのですが、私が中国人に読んで欲しいと思っていたとおり、日本を中国に置き換えるとまさにぴったりというような所が沢山あります。

まだ読みかけだし、その内容も自動車は一つの例に過ぎず、この本の主題である経済活動により発生する社会的諸費用の負担の問題は、現代の日本でもというか、今の日本でこそ考えられるべき内容だと思います。

ですか、ここではとりあえずそのことはさておいて、この本での特に冒頭部分での表現がいかに中国の現状にフィットしているかを、ちょっとだけ紹介しておきたいと思います。

まえがきの2行目から少し引用してみます。

・・・。はじめて東京の街を歩いたときに、わたくしたちのすぐ近くを疾走する乗用車、トラックの風圧を受けながら、足がすくんでしまったことがある。

中略

しかし、このように歩行者がたえず自動車に押しのけられながら、注意しながら歩かなければならない。というのはまさに異常な現象であって、この点にかんして、日本ほど歩行者の権利が侵害されている国は、文明国といわれる国々にまず見当たらないといってよいのである。

このまえがきの中では、ポール・サミュエルソンが日本を訪れたときに自動車のことに言及した次のような発言が紹介されている。

「まともなアメリカ人だったら、東京の街で一ヶ月間生活していたら完全に頭がおかしくなる」

サミュエルソンが今の中国に来たらどう言うだろうか?一ヶ月といわず一週間でおかしくなるって言うんじゃないかと思います。

さらに、序章の冒頭部分で「戦後日本」を「現代中国」と置き換えて引用してみます。

自動車の普及ほど「現代中国」の高度経済成長の特徴を端的にあらわしているものはないであろう。

住宅環境は依然として貧しく、教育などの文化的施設は内容の乏しいままに放置され、医療など社会的施設にも十分な資源が投下されていない。また自然は荒廃し、年からは緑が年々失われるにまかせてきた。それに反して、つぎからつぎに建設される大規模な高速道路には膨大な資源が投下され、鉄骨をふんだんに使った頑丈そのものという構造をもつ道路桁をいたるところにみかける。人々の住む家は崩壊し、消失しても、高速道路だけはいつまでも存在しつづけるであろう。

最後の高速道路については、阪神淡路地震でそんなに頑丈なものではなかったということが分かったし、中国の高速道路はもっと怪しいと思います。

まあ、それを除けば今の中国の状況にあてはまると思いますがいかがでしょう?

住宅は高級マンションが沢山出来ても全て投機目的で実際に住んでいる人は少なく、普通の人が住んでいるアパートは、一人当たりの面積や設備の品質を考えるとかなり貧しいものですし、学校は四川地震で顕在化したように手抜き工事で、緑化もやたら見栄えは良くしているものの、庶民の生活環境からは緑がどんどん失われています。

これらの問題は、日本でもいまだに解決できているわけではありませんが、中国において今の規模とスピードで自動車社会が拡がっていくことを考えると恐ろしくなります。

幼年期の終わり

ブログネタ
★★Life in China★★ に参加中!
北京オリンピック真っ盛りで、テレビは当然オリンピックの番組が何チャンネルもあって、見たい競技が選り取り見取り。
なんてことは、中国ではありえないわけで、やっぱり中国選手が出てる種目優先。

その他の競技もやってますが、どうも見たいのがない。

仕方がないので、以前買って積ん読になってた本に手が伸びました。

幼年期の終わり (光文社古典新訳文庫)

前に読んだのはたぶん中学生の頃だったと思うので、30年以上も前の話。

この光文社版は新訳というだけでなく、89年にクラーク自身が30年間の現代史の流れを踏まえて第一章を書き直しています。

福島正実訳のSFは数えられないくらい読んでいたので、特に読みにくかった記憶もなく、新訳になったからといって特に読みやすいと感じたわけではありませんが、書き直しの影響なのか、自分が歳とったからなのか、久しぶりに読んだSFは昔のようにドキドキするものではなかったのですが、450ページを一気に読み終えたという感じ。
SF読まない人にもお勧めです。今読むとあまり昔の「SF」のような一部マニア向けって感じじゃないし。。。

ところで、コレ読んだら、地球規模じゃなくて中国だけに「オーヴァーロード」が出てきてくれないかなぁ?と思うのは私だけではないのでは?

★★Life in China★★ - livedoor Blog 共通テーマ

気持ちいい

ブログネタ
中国からのブログ に参加中!
読みたい本、いろいろあるんでまとめてみた。

みんな、気持ちよかった!みんな、気持ちよかった!


Passion For The Future: みんな、気持ちよかった!―人類10万年のセックス史

最近、日本ではCMで「合体したい」「気持ちいい」というのが物議をかもしているらしい。
ということは、ネットで知ったのだが・・・。

404 Blog Not Found:Amazonで買えないのがもったなすぎる - 書評 - インピーダンス・マッチング

この小説すっごく気になる。ホント、Amazonで買えないのは困る。

Passion For The Future: 反転―闇社会の守護神と呼ばれて

こういうの、最近すごく気になる本です。次のも。







asahi.com:「光クラブ」設立前夜の日記を発見 服毒自殺の山崎晃嗣 - 出版ニュース - BOOK

真説 光クラブ事件 ―東大生はなぜヤミ金融屋になったのか―


こういう終戦直後の話って、興味あります。「渋谷物語」という映画も面白い。



asahi.com:マンハッタンを歩く [著]ピート・ハミル - 書評 - BOOK



この本というより、ピート・ハミルの本が読みたい。

個人的に秋のイメージが強いのはどうしてかなぁ?

『又蔵の火』

又蔵の火 (文春文庫)

藤沢周平を読んだのは、これでおそらく二冊目です。

前に読んだのは確か「蝉しぐれ」だったような気がしますが、良く覚えていません。

先日、香港のトマトブックスで目当ての本が無かったので、時間つぶしにと買ったのがこの「又蔵の火」です。

じつは、この小説は20年以上前から、一度は読まなければと思っていたのですが、なかなか手に取る気にならなかった本です。

たぶん、この小説をこのような思いで読む人は、他にはいないと思います。

藤沢周平は、私と同郷で高校の同窓の先輩です。

映画化された小説も何本かあり、その作品の舞台となっている「海坂藩」というのが、藤沢の故郷である鶴岡=庄内藩ということは知っている人も多いと思います。

「又蔵の火」は藤沢が直木賞を受賞した年に発表された初期の作品です。

この小説の舞台は、架空の「海坂藩」ではなくて、実在した「庄内藩」の鶴ヶ岡(鶴岡)です。

そして、この仇討ちも藤沢の創作ではなくて実際にあった話です。

登場人物も、その名前も基本的には実在の人物です。

したがって、この小説の主人公の家系も今でも続いているわけで、それが私の家です。

もっとも、うちは本家ではなくて血縁も途切れているのですが、今でも又蔵(虎松)の墓守はうちがやっています。

先日、日本に戻った時に何年ぶりかで墓参りに行ってきました。

又蔵(虎松)と丑蔵の墓があり、仇討ちの現場となった総穏寺というお寺です。

昨今の藤沢周平ブームで、この寺を訪れる人も増えているらしく、仇討ちの現場・虎松の墓・丑蔵の墓などに目印となる表示が立てられており、「又蔵の火の」という注釈がついていました。

そんなわけで、私は藤沢が「又蔵の火」を発表する以前から、この仇討ちの話を祖母から何度も聞かされていました。

祖母は明治28年生まれでしたから、周りにはまだ江戸時代の武士だった人が生きているような環境に生まれました。

そして、祖母はとても話が上手くて、感情移入をしながら祖母の母やもっと上の人から聞いた江戸時代の話を、あたかもついこの間の話のようにして、子供だった私や弟に語っていました。

この仇討ちの話のほかにも、祖母のお祖父さんだか曾お祖父さんだかが、酒田の本間家が都合した千両箱を担いで持ち帰った時の話も覚えています。

城下に入る直前に、ちょうど今の家の数軒先の○○さんの角で賊に肩を後ろから切りつけられながらも、そのまま城下に入り家によって手当をしてからお城に届けたというような話を、さも見ていたかのように話していました。

残念ながら私は物覚えが悪く、特に子供の頃の記憶というのがあまり残っていないので、この話や仇討ちの話以外にも沢山聞いているはずですがあまり覚えていません。
仇討ちの話もディテールまでは良く覚えていません。

ただ、祖母は自分で話しをしながら感極まって涙を流したりということが往々にしてあったので、仇討ちの話の時も丑蔵も虎松もどっちも「めじょけね」(可哀想)といって涙を流すことがあったのを覚えています。

仇討ちの原因になった万次郎にも同情していたようでした。

この辺の記憶からすると、藤沢が描いた「又蔵」(虎松)の話は、祖母の話とダブります。

ところで、小説の中で万次郎の父の名前は久右衛門となっていますが、うちの家系は代々名前に「久」という字が付きます。

私が知っている本家の人も男の人は全て「久」の字がついています。

ところが、私の弟は「久」がつくのですが、長男である私には「久」の字がつかずに父の名前の一字がついています。

小説の中でも、登場人物の関係は一族といいながら血縁関係のない複雑な家系となっていますが、私の家も祖母は一生独身で子供が無く、私の父とは養子縁組だったため同じような状況です。

その中で、私の名前に「久」の字がつかないことは、祖母と父との確執が有ったのではないかと考えるに十分だったと思います。
その事に気がついたのは、中学生の頃でしたが、別にだからといってどうということも無かったのですが・・・。

そもそも、私は家系とかそういうことに全く興味がなかったために、長男ですがいわゆる「家」の事に関してはいまだに良くわかりません。

象徴的だったのは、祖母がなくなったときに地元の新聞への手配を私がやったのですが、本当は「養母」とすべきところを「義母」としてえらく怒られたこと。

私はその時まで、母が祖母の養女となり、そのあとで父が婿に入ったとばかり思っていました。

というのは、母は庄内藩の下級武士が明治維新後に入植した開墾地の生まれで、武家の関係の紹介で女学校に入る時に祖母のもとに来て卒業後もずっと祖母と暮らしていました。
戦後まもなくの頃のことで、母はその開墾地の集落から始めて女学校に進学したのだそうです。

今はもうほとんど無いですが、私が子供の頃の鶴岡という街には、武士の家の考え方とか、武家の付き合いとか、日常のなかにある藩政時代のなごりというものが、まだまだ色濃く残っていました。

この小説を読むとき、ここに書かれている以上にその場の雰囲気がわかってしまうのは、そういう環境にいたおかげだと思います。

そうであるが故に感じるところもまた有るのですが、それはまた今度のネタにしようと思います。

長くなってしまいましたが、そんなこんなで、この「又蔵の火」を読むというのは、私にとってはかなり思うところがあります。

最後に蛇足ですが、藤沢周平の作品で江戸時代の鶴岡を味わおうと思ったら、この「又蔵の火」が一番良いのではないかと思います。

小説に出てくる地名・通りなど全て実在のもので、実際に歩いてみても判りやすいと思います。

果てしなき渇き


果てしなき渇き(宝島社文庫)

先日の日本出張での収穫のひとつ。
「このミス大賞」受賞作というのは知ってましたが、池上冬樹の解説を読むまで同じ県の人(しかも現役サラリーマン)とは知りませんでした。

現在と過去、二つの流れで同時に進み、約500ページを一気に読んでしまいました。

仕事という観点で見た場合、中国から田舎に帰ると、中央経済の派手さとは縁遠い街に漂う停滞した無気力感のようなもので気が滅入ってしまいます。
帰るたびに、日本(田舎)で仕事はしたくないなぁと思ってしまいます。

でも、そんな地方にあってこれだけの作品を創り出すエネルギーを持ち続けている「深町秋生」という作家には嫉妬してしまいます。

ひとつ楽しみが増えました。




謝謝!宮沢賢治

深センに日本の本を売っている書店があります。

病院に行ったついでに久々に寄ってきました。

そこで見つけた本。

謝々!宮沢賢治(朝日文庫)
まだ読みかけですが面白いです。

著者は私より4歳年上の中国人ですが、文化大革命末期から改革開放そして現在と、革命世代よりは後になりますが、現代中国の荒波を経験して今日に至る過程を、宮沢賢治(あるいはその研究)を軸にして綴っています。

著者が何度も触れているのですが、宮沢賢治が持つグローバル性というか国境や民族・文化を越えた普遍性が、宮沢賢治を軸にすることを可能にしているような気がします。

それはそうと、「誰でも知っている宮沢賢治」と言われても、まともに読んだのっていくつあったかなぁと考えてしまいます。

でも、宮沢賢治と現代中国って、面白い切り口だと思います。
宮沢賢治の宇宙と、グローバル化経済のブラックホール現代中国。

未来を考えるのに、宮沢賢治はすごく有用かもしれません。
そう考えると、宮沢賢治と同じ日本人(それも東北人)であることっていうのは、すっごく有利なんじゃないか?なんて思えてきます。

それと、著者が社会主義中国→超資本主義中国という歴史の流れの中で、つらく大変な思いも沢山しているのに、全てを肯定するところから書き始めているところは、とてもすがすがしく感じました。

いわゆる嫌中の人から見れば、毛沢東をも肯定的に評価しているところは許しがたいかもしれませんが、この著者のような中国人は、拝金主義に走る現代中国のトンデモ中国人の対極にあると思います。
こういう中国人の方も、目立たないだけで沢山居るのだろうなと思います。


余談ですが、著者の王敏さんは、私が在籍した某H大学で教授をしてたようです。相変わらずあの大学は、大学自体いい加減で、学生も勉強しませんが、昔からどういう訳か、こういう特色ある教員を沢山擁しています。
この点だけは、さすがと思ってしまいます。

さらに蛇足ですが、学生時代に歴史家の羽仁五郎さんと話していたときに、「私はこの大学はかなりいい大学だと思っています。」と言われ、その理由を聞いたら「歴史のある有名大学なのに、高級官僚や大企業の役員になる人が少ない。」と言ってました。(笑)

人気blogランキングへ

「風の影」カルロス・ルイス・サフォン・・・「我看書」(楽天ブログ)からの転載です。

2007/01/05



香港SOGOの旭屋で購入。

書評でも取り上げられ結構評判になっていたらしいが知らなかった。
そもそも、最近は翻訳ものはほとんど読みません。(去年は「ダ・ヴィンチ・
コード」だけ)

昨日読み始めたばかりなのですが、また寝不足になりそうな予感が・・・。

今のところ、珍しく読み終えたらもう一度読もうかと思う小説みたいです。

写真集の現在・・・「我看書」(楽天ブログ)からの転載です。

2006/12/15

久々に香港で書店を物色。

今回は、いわゆる日本書店ではなくて尖沙咀のHarbour Cityにある「PageOne」という書店です。

趣味系・ART系の雑誌などが充実していて、日本の雑誌も結構置いてあります。

そんな中で見つけたのかコレ↓

STUDIO VOICE-写真集の現在

「STUDIO VOICE」の2007年1月号です。

昔は、「写真好き」といえばカメラマニアというイメージが強く、写真を見るのが好きというだけでは「写真好き」のうちには入れてもらえないような雰囲気がありました。

でも、東京に住むようになってからはギャラリーや写真展に行く機会も増えて、見るのが好きな「写真好き」としては結構充実していました。

田舎に戻ってからは、あまり写真を意識することもなくなっていたのですが、「月光浴」という写真集が出たあたりから、写真集で見るということが多くなりました。

何にもしなくていい休日に、ぼんやりと写真集をめくって過ごす時間というのもいいものです。

こちらに来てからは、写真集も手に取る機会が少なくなってしまいましたが、この特集をみると最近の日本の写真というのも面白そうだなぁという感じです。

今度は、 「PageOne」で写真集を物色しようかと思います。

私的には、「決定的瞬間」の「アンリ・カルティエ=ブレッソン」が好きなんですが・・・。

Europeans-アンリ・カルティエ=ブレッソン

 Europeans=Henri Cartier-Bresson

読み終えた本・・・「我看書」(楽天ブログ)からの転載です。

2006/11/01

先日の読みかけの本はそのままに、先に読み終わってしまった本です。

珍妃の井戸

三人の悪党〜きんぴか(1)

 

この二冊を読む間に、DVDで「ミッション・インポッシブル3」を観て、トム・クルーズが西塘を「走開!走開!」(zou3kai1 zou3kai1)と叫びながら走り回るのを観て喜んだりしているものだから、すっかり寝不足になってしまいました。

DVD M:i:III スペシャル・コレクターズ・エディション(2枚組) (11/17 発売予定)



My Flickr
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from taoyan_ni. Make your own badge here.
Recent Comments
Amazonライブリンク
Profile
このブログのはてなブックマーク数
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ