我想説・・・

嘟嘟哝哝

自言自語

地方都市の本屋がヤバイ

「地方都市の住人はHonya Clubで注文して地元の書店で受け取ろう。」

老舗がまた… 札幌・アテネ書房閉店へ 地下歩行空間開通で客激減−北海道新聞[暮らし・話題] 

 直接の原因は人の流れが地下空間に取られてしまったということだが、元々超低空飛行している地方都市の書店は、ほんのちょっとの横風が吹いただけで墜落してしまう。

 書店の生き残りでは、いろいろな工夫で乗り切っている例も紹介されるけど、そもそも地方都市なんかで隙間狙って特色出そうにも、それで捕まえられる客の絶対数が少なすぎる。
本のような商品は、人口に対して比例するのではなく指数関数的に増えていく。 人口10万人の都市ではせいぜい10冊しか売れない本が、100万都市では100冊じゃなく500とか1000、1000万都市なら1万とかいう数になる。 逆に言えば、都会なら地域でナントカやっていけるちょっと感じの良い小さな書店が、仮にイオンモールとかに入って20万とかの商圏抱えて、家賃はタダでも多分やっていけない。そもそも、集まってくる客の質が違う。

 Amazonで買えばいいだろっていうのもあるし、電子書籍もあるけど、本にたどり着くまでの過程の問題もある。

 ネットで本を見つけるのは、何らかの目的を持って探すときには最強だと思う。 TwitterのTLを眺めていて出会うこともある。 最近流行りのキュレーションサイトも本専門とか出来るかもしれない。(もうあるのかもしれないが知らない)

 実際、最近買っている本は殆ど(99%)がブログやTwitterなどネットで知ったものだ。
 それでも、東京の大型書店のような品揃えをしろなんて無茶なことは言わないが、とりあえずひと通りの新刊書籍と雑誌が並んでいる本屋というのはどうしても残っていて欲しいと思う。

 本屋で平台と棚の背表紙をザーッと眺める時の情報量は、いちいちクリックとかスワイプとかしながら見るのとは桁違いの情報量で、全く興味のないものの方が圧倒的に多いけど、それでもそこで思いがけずに出会う本というのもある。

 そう言えば、先日からGoogleリーダーがなくなるという話で盛り上がってる中で、もうRSSは要らないという声もある。キュレーションサービスもTwitterもいいが、私にはやっぱり大量の情報を一気に見れるRSSリーダーはどうしても必要だが、これも同じようなことだと思う。

 無駄なもの、全く興味もないものの中に、時としてアレっと思うようなものが潜んでいる。そして、そこから世界が広がることだってある。

 まあ、本屋が無くなるって話は今に始まった訳じゃなくて、30年前ぐらいから言われているわけだが、狼少年の話だった電子書籍も今度は本物みたいだし、そろそろ本気でヤバイ。
 
 というわけで、無駄な抵抗かもしれないが、地方都市の住人はHonya Clubで注文して地元の書店で受け取ろう。少しは延命できるかもしれない。

オンライン書店Honya Club.com

最近の蘇州事情

もうしばらく更新していませんでしたが、ちょっと時間ができたので最近の蘇州の様子など書いてみようかと思います。

一月も末になり、春節期間の帰省切符も発売され、街は春節を迎える準備が進んでいます。

そんな中で、最近の蘇州で一番の話題はとにかく人手不足。
中国で人手不足?と日本にいる方は思うかも知れませんが、このところ仕事で誰かに会うと、その話ばかりです。

先日も、1月の給料を払ったらその日に数十人やめてしまったとか、クリスマス商戦向けの生産が終わり仕事が減ったので自然にやめるのを待っていればいいやと思ったら、辞める人が多すぎてラインを維持出来なくなったとか。
とにかく、どこに行っても、どこの業界でもそんな話題ばかりです。
それは、日系企業に限ったことではなく、台湾系も中国系も同じです。
日系はまだいい方で、中国系は元々待遇が悪いと思われているのでもっと悲惨な状況になっているという話も聞きます。

そんなわけで、春節でみんなが田舎に帰ってしまうこの時期、各企業では春節後にどれだけの人が戻ってきてくれるのか、戦々恐々としているような状態です。

なんでこんなことになってしまったのか?ということなんですが。

まず、蘇州は物価が高い。
今、人が足りないというのは、現場で作業をするワーカーが足りないということです。逆に大卒などのスタッフ=ホワイトカラーは余っています。
いわゆるワーカーは田舎から出稼ぎに来ているがほとんどで、お金持ちの多い地元の人はそんな仕事には着きません。
出稼ぎの人たちは、少ない給料でやりくりして田舎に仕送りしたり、貯金していずれは田舎に戻るという人がほとんどです。

蘇州は物価が高いのに、最低賃金は上海や浙江省よりも安いので、暮らしにくいというのが一番の原因です。
これは蘇州だけでなく、南京・無錫など江蘇省の主要都市に共通の悩みです。
というわけで、1月23日に江蘇省は最低賃金を月850元から、上海等と同じ960元に値上げしました。
これは、今の人手不足を解消するというよりも、とりあえず春節で田舎に帰った人が戻ってきてくれるようにということで、今よりも悪くならないようにするというのが目的です。

そんな状況の中で、うちの会社では生産に使う部品が間に合わないでラインが止まりそうな状態が続いています。
ラインを止めて休ませると、ワーカーが帰ってしまうので毎日綱渡りでなんとかラインを動かしています。

来週からは、材料が無くても人を休ませるな、仕事が無くても春節までは休日振替などはしないで全部出勤させろという話をしています。

というわけで、今日も土曜日なのに、これから上海からお客さんや部品商社の人たちが来て、春節までの、というより目先の2−3日をどうしのぐかという打合せがあります。

まあ、それを待っているのでこんな時間が出来てしまったのですが。。。

春節までは、というかその後も、当分はバタバタの毎日が続きそうな感じです。

梅雨明け

蘇州は一昨日で梅雨が明けた。

そんなわけで、朝8時前には30℃を超えるという猛暑の季節になりました。
晴天
夏の蘇州は霞んだ空がほとんどですが、今朝はめずらしく夏の青空が。。。

影
影がこんなにくっきりしているのもめずらしい。

先日、せっかく念願の園林カードを作ったのに、暑い日が続いているので結局一度も使っていません。
夕方からなら良いのですが、蘇州の主な庭園はほとんど4時半ぐらいで閉まってしまいます。

これから8月末までは、毎日35℃を超える日が続きそうです。


電柱

山口晃「美のよりしろ 十選 6---電柱」より
絵を描く身からすると電柱は正に美のよりしろだ。点景として電柱を描く時、電線のはしらせ方ひとつで黄金比を表したり、心地よい律動を生んだりすることが出来る。なぜなら既にして絵画の要素の一つ「線」であるからだ。

 電柱単体を見ても到る所に美が下りて来ている。・・・ 高圧線の水平の広がりから引き下げ線の垂直の広がりに目を転じる時の、目の前の空間を改めて意識させられる開口感。優美に撓む接続線、それらを引き立てる碍子の艶やかな白(関西にある3連カットアウトは絶品)。各部の響きあいと空間への干渉。電柱を見ていると立華のエッセンスを思う事しばしだ。
(日本経済新聞 6/22 文化欄)

 りっ‐か【立花・立華】‐クワ

 1花や枝などを花瓶に立てて生けること。たてばな。

 2生け花の型の一。江戸前期に2世池坊専好(いけのぼうせんこう)が大成した最初の生け花様式。真とよばれる役枝を中央に立て、それに副(そえ)•請(うけ)などとよばれる七つの役枝(七つ道具という。のちに九つ道具となる)をあしらって全体として自然の様相をかたどったもの。現在、池坊に伝承されている。たてばな。

こういういい加減な報道が誤解を生む

ブログネタ
★★Life in China★★ に参加中!
livedoor ニュース - パナソニック 北京工場で600人が社長らを軟禁の衝撃
あまりにもいい加減な記事なので一言書いておこうと思います。

パナソニック北京で總経理ほかが従業員に取り囲まれて6時間ほど軟禁状態だったことは、中国国内でも報道されており事実だと思います。

問題は、
抗議の理由は、希望退職に不満を持ったためだ。パナソニックとしては、折からの世界的な大不況に見舞われて事業の効率化を迫られていた。希望退職を持ち出 したのはこうした事情によるものだった。結局、経済的な補償をすることで話がついたというが、昔の労使の“闘争”を彷彿とさせる出来事だ。
というのはなんなんだ?
もう少しまともに書けよー。

中国の報道や中国関係の日本の情報サイトの話を総合すると、直接の原因は、希望退職時の経済補償金の金額が工場の現場労働者とホワイトカラーのスタッフの間で数倍から十数倍も違ってしまうという不平等に反発したことのようです。

確かに、パナソニックが提示した条件は通常の会社都合解雇の場合の1.3倍から2倍という好条件でしたが、これから整理解雇される工場の現場労働者と希望退職対象のスタッフでは、退職時に受け取る額があまりにも違うわけで、それなら現場の労働者も同じ条件で希望退職させろって話になっても当然です。
現地でのオペレーションとして、この対応はすでに工場閉鎖の話まで流れている中での対応としては非常にまずい対応だったと思います。

この記事の書き方では全く不十分というか、その後がもっと悪い。こういういい加減な記事の常套手段ですが、「中国事情に詳しい財界人」なんかに適当なことを言わせてます。
「パナソニック側に法的な落ち度はなかったはずです。でも、中国の工場労働者の多くが貧しい内陸から来ているため、一時的ではあっても職を失うわけにはいかないという思いが強い」
確かに法的な落ち度はないけど、労務管理的には問題大あり。それと、「一時的ではあっても職を失うわけにはいかないという思いが強い」のはそうだろうけど、騒いだぐらいで工場閉鎖やリストラがなくなることはないのは今ドキの中国人労働者も判っていて、だからこそその場合の条件の不平等に反発したと見るのが「事情に詳しい」人の見方だと思います。

それともう一つ。
日本企業の給料が欧米企業より高いことも裏目に出ているという。
これなに?
ホワイトカラーについて言えば、日系は欧米系や下手すると中国系よりも給料が安いのは自明のことで、ワーカーレベルは少なくとも欧米系とは同じレベル、もしくはちょっと下。
昇級に関しては、基準が曖昧といわれているところはあるけど、昇給率は大体欧米系の方が高い。

ということで、「日刊ゲンダイ」の記事に文句言ってもしょうがないかとも思ったんですが、「中国事情に詳しい財界人」が本社にいるようなところで、現地法人の赴任者が、これ以上危険な目に遭うのはかわいそうと思ったので一言書いてみました。

★★Life in China★★ - livedoor Blog 共通テーマ

R10で蘇州

先日、日本から妻が遊びに来たので平江路や山塘街なんかを散策した。

その前にも北寺塔あたりを歩いたりしてリコーのR10というカメラで蘇州の街を撮った。

そんな中から何枚か載せようと思うのだが、イマイチ色の出が違うのでちょっと戸惑っている。

冬の空気を感じるような色合いなのだが、三輪車の赤もなんとなく寒々とした感じになる。

煉瓦の色もリアルだけど物足りない。

平江路のカフェで、いろいろと設定を変えて撮ってみた。このショットはちょっといい感じになった。

カフェの雰囲気は出ていると思う。

R10の良いところは接写マクロで手軽に撮れるところ。

こういう写真は得意みたいだ。

中国の簡単スープ

中華料理にはスープがつきものですが、薬膳料理のような手間暇かけたものもあれば、家庭で簡単にできるものもあります。

中国の家庭や餃子屋さんみたいなその辺のちょっとした店のメニューにも必ずあるような定番スープ。

この間、twitterでなんとなくpostしたものを二つ写真付きで紹介しておきます。

どちらも基本の味付けは塩とごま油のみです。

「紫菜蛋湯」

・21:16 中華風簡単スープその1:沸騰したお湯に乾燥岩のりを入れ、適量の塩を入れる。溶き卵を流し入れて火を止める。ごま油をたらして出来上がり。

 

「西紅柿蛋湯」

・21:18 中華風簡単スープその2:沸騰させた鍋にトマトのぶつ切りと適量の塩を入れてしばらく煮る。溶き卵を流し入れ火を止める。ごま油を入れて出来上がり。彩りにほうれん草や青梗菜を少々いれてもよい。

 

中国にいる人にはどちらもおなじみで、レストランのメニューでは一番安いスープです。

基本の味付けが塩とごま油だけなのに、なんでこんなに美味しいんだろうと思います。

もうすぐ春節

ブログネタ
★★Life in China★★ に参加中!
というわけで、もうすぐ春節の休暇になるのだが、今年も日本に帰る予定。

最近は羽田−虹橋便という便利な路線が出来て、羽田で国内線に乗り換えが非常に楽になった。

ところが、この季節は日本海側にある我が家のあたりは猛吹雪になる確率が非常に高い。
したがって、国内線も下手すると羽田に引き返したり、帰りの便が飛ばないという可能性もある。
13-02-08_1316 by you.
《昼間の市内でもこんな感じ》

何年か前にJR羽越線の脱線事故があってから、JRはすぐに徐行運転とか運休になってしまう。飛行機が運休になるよりもJRが止まる確率の方がはるかに高い。全く困ったもので、以前なら飛行機がダメならJRという選択肢があったのだが、逆転してしまった。

去年も一昨年も羽田で国内線のチェックインしたら「飛ぶかどうか判りません、飛んでも引き返す場合がありますので」といわれてしまった。幸いなことにちゃんと飛んで、かなり揺れたもののちゃんと着陸してくれた。
もし、運休や引き返しになると東京に一泊するしかないのである。

そんなわけで、東京経由はあぶない。

今回は仙台便にした。
仙台は高速バスで1時間半、そこから電車かバスで空港まで1時間弱。
ちょっと面倒ではあるが、高速バスは道路が雪崩で埋まってしまったりしないかぎり運休の心配はない。

それに仙台は昔住んでいたので土地勘もあり、乗り継ぎ時間が長くても、それはそれで時間のつぶし方も心得ている。というか、ちょっと時間があった方が楽しかったりする。

★★Life in China★★ - livedoor Blog 共通テーマ

なんなんでしょうね中国って国は

大晦日の話ですが、中国では学校もいつも通り。

というわけで、近所の小学校の下校時間はこんな感じでお迎えの人と車で混雑しています。

一人っ子政策の影響もあるんでしょうが、それにしても毎日こんな状態のようで、この時間帯は学校周辺は大渋滞です。

少し離れた全寮制インターナショナルスクールでは金曜日の夕方にはお迎えの高級車(ベンツとかBMW)でいっぱいです。

片や地方から出稼ぎに来ている民工の子供たちはろくに学校にも行けないというのに・・・

せめて教育格差をもう少し縮めないと、この国はいびつなままで世界でのプレゼンスを巨大化してしまうことになります。

これはもう中国だけの問題とは言えないと思います。

中国で年越し・・・6回目

ブログネタ
★★Life in China★★ に参加中!
今年もいよいよあと2時間(日本だと1時間)となりましたが、テレビを観ていても全く盛り上がらない大晦日です。

中国での年越しも6回目。去年は深センだったので香港のテレビでカウントダウンとかそれなりに盛り上がっていたような気がします。

もっとも、蘇州は寒山寺があるせいで、中国では唯一新暦の大晦日で盛り上がる街です。

今日も、ちょっとクルマで走ったいたら、「第30届寒山寺除夕听钟声活动」にともなう交通規制で、寒山寺へ向かう通りは許可証がないと入れなくなっていました。

テレビでも、蘇州テレビ(SBS)がほかのチャンネルよりはちょっとだけ大晦日気分を出しています。
もうすぐ、除夜の鐘なので寒山寺からの実況が入るはずです。

そんなわけで、去年と同じようにTwitterとかやりながらなんとなく時間が過ぎてゆく大晦日です。

★★Life in China★★ - livedoor Blog 共通テーマ
My Flickr
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from taoyan_ni. Make your own badge here.
Recent Comments
Amazonライブリンク
Profile
このブログのはてなブックマーク数
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ