続けて中国のネット規制の話です。
数日前から、いわゆるつぶやき系ミニブログのPlurkというサービスがブロックされ始めたようです。

アジア系、特に中国語のユーザーが多く、私をフォローしてくれている人にも中国人・台湾人・フィリピン人の方が比較的多くなっています。

どうも繋がらないなぁと思って、Torを使ってみたのですがそれでもタイムアウトになってしまうので、中国の他の所ではどうだろうかとpostしたら、烏魯木斉(ウルムチ)の方からどうやらブロックされているみたいだとコメントがありました。

その後、日本人でいつも中国語でポストしている方から、下のエントリーを紹介されました。

China Blocks Micro-Messaging Site Plurk. Is Twitter Next?

この記事をみても、ユーザーに台湾(2位)・中国(5位)の方が非常に多いみたいで、使っている実感でも中国語のpostが非常に多いのとリンクします。

特に台湾のユーザーが多く、台湾情勢や中国情勢についてのpostも多いことがブロックされる原因なのでしょうか?

とりあえず、前回紹介したHotspotShieldで繋いでいますが、Webだけでなくクライアントソフトでも繋がらないので、これで次はTwitterなんてことになったらどうしようかなんて思っています。