ブログネタ
★★Life in China★★ に参加中!
というわけで、もうすぐ春節の休暇になるのだが、今年も日本に帰る予定。

最近は羽田−虹橋便という便利な路線が出来て、羽田で国内線に乗り換えが非常に楽になった。

ところが、この季節は日本海側にある我が家のあたりは猛吹雪になる確率が非常に高い。
したがって、国内線も下手すると羽田に引き返したり、帰りの便が飛ばないという可能性もある。
13-02-08_1316 by you.
《昼間の市内でもこんな感じ》

何年か前にJR羽越線の脱線事故があってから、JRはすぐに徐行運転とか運休になってしまう。飛行機が運休になるよりもJRが止まる確率の方がはるかに高い。全く困ったもので、以前なら飛行機がダメならJRという選択肢があったのだが、逆転してしまった。

去年も一昨年も羽田で国内線のチェックインしたら「飛ぶかどうか判りません、飛んでも引き返す場合がありますので」といわれてしまった。幸いなことにちゃんと飛んで、かなり揺れたもののちゃんと着陸してくれた。
もし、運休や引き返しになると東京に一泊するしかないのである。

そんなわけで、東京経由はあぶない。

今回は仙台便にした。
仙台は高速バスで1時間半、そこから電車かバスで空港まで1時間弱。
ちょっと面倒ではあるが、高速バスは道路が雪崩で埋まってしまったりしないかぎり運休の心配はない。

それに仙台は昔住んでいたので土地勘もあり、乗り継ぎ時間が長くても、それはそれで時間のつぶし方も心得ている。というか、ちょっと時間があった方が楽しかったりする。

★★Life in China★★ - livedoor Blog 共通テーマ