久しぶりに映画をひとつ。

日本でも公開されているのかもしれませんが、台湾映画「海角七号」。

最近観たDVDでは一番良かった。

台湾映画で、台湾語が多いのでその部分は字幕でしか判らないのですが、日本語で読まれる手紙と、物語の進行の相乗効果で涙腺をゆるませる切ない映画です。

この映画、ちょっとだけ中国語が判れば日本語ネイティブの方がグッとくるんじゃないかと思います。

ところで、中孝介はあまりしゃべらせない方が・・・とか思ったんですが、この人って光良の「童話」をカバーしてる人ってしか知らないんですけど。