ブログネタ
中国からのブログ に参加中!
日本ではあまり大きく報道されていないようですが、前々から言われていたいた事が現実となりました。

香港ドル、人民元上昇で通貨価値逆転・存在感低下も(NIKKEI NET:国際 ニュース)

昨日香港で見たニュースでは、記者が深センのケンタッキーで香港ドルを使おうとしたら拒否されたとか、某スーパーでは人民元:香港ドルが1:0.9などというとんでもないレートになっているといったリポートが流れていました。

すでに二日前にこんな報道もされています。

人民元レート上昇で香港ドル支払い拒否の店も 2007/01/09(火) 12:19:08
<サーチナ中国株投資情報>

今後も、人民元は上昇するものと見られ、こういうことが益々エスカレートしていくと思われます。
とにかく、中国人は目先の利益に敏感なのと、一人が何かやるとあっという間に数千人が同じことをやるという事があるので、今後のエスカレート振りに目が離せません。

中国側は銀行も油断ならないので、今後は香港ドルを人民元にする時は香港でやった方が良いと思われます。

広東省の場合、外資系では駐在者に対して外貨でもUSドルではなくて、使いやすいように香港ドルで給与を支給しているところが沢山あります。(うちの会社もそうです)

こんな状況では、レート以上に目減りしてしまうのではないかと心配です。

人気blogランキングへ