ブログネタ
中国からのブログ に参加中!
asahi.com:不二家、全店で洋菓子販売休止 期限切れ牛乳使用が判明 - 社会

不二家というと、学生時代に神楽坂で飲んだ後に良く食べていた、飯田橋店でしか売っていないという「ペコちゃん焼」を思い出します。

ところで、このニュースは昨日乗ったKCRの車内TVで、香港でも大きく報道されていることを知りました。
(ちなみに、香港にも不二家があるらしい)

これでまた、日本製品に対するイメージダウンが加速されるかなぁと心配です。

蘇州に居た頃に、あるお客さんの製品をうちの工場で加工していましたが、その時に日本製の部品不良で大騒ぎしたことがあります。
部品メーカーを呼んで、お客さん・部品メーカー・弊社の三社で打ち合わせをしたときのことです。お客さんの現地法人の事業部長さんがこういうことを言いました。

我々のように海外で物作りをしているところでは、「日本製品は品質が良い」というのが大前提である。
「品質の良い製品を作る日本の管理方法は正しい」ということで、現地の従業員が指導を受け入れ、それを一生懸命に学ぼうとしている。
したがって、日本製の部品で品質問題が多発するということは、我々の工場オペレーションに大きな影響を及ぼす。
だから、海外生産品ならいいとは言わないが、自社製品じゃなくても「日本製(日本で作ったもの)」で不良を出してもらっては困るんです。

これは全くその通りだと思いました。今もそう思っていますし、なんどかこのフレーズを使わせてもらったこともあります。
不良でリコールというのならまだ仕方ありませんが、今回のようにコンプライアンスの問題で大騒ぎになるのは本当に困ります。

人気blogランキングへ