ブログネタ
中国からのブログ に参加中!
人民元の対ドルレートが史上最高値を更新していますが、そんな影響が身近なところでも出始めました。

人民元が対USドルで高くなるのと同時に、USドルに連動している香港ドルに対しても高くなり、レートとしてはほぼ1:1になっていますが、実際は両替する時に手数料を取られるので、実感としては0.98:1ぐらいになっています。

今朝、香港に出るために福永のフェリー乗り場に行きましたが、ここで12月1日からチケットが人民元でしか買えなくなりました

今までは、エコノミーで香港ドルだと185HK$で、人民元だと202RMBだったので、1:1で考えると香港ドルの方が約一割お得でした。
ということは、実質上は約一割の値上げです。

しかも、乗り場に両替窓口が出来ていましたが、ここは100HK$が98元というレートなので、さらに2%の値上がり、プラス香港ドルで買うと乗船保険(10元)は付けないで換えていましたが、何故か人民元だと必ずこれが付いてくるので212元となってしまいます。

深セン地区の外資企業は、給料が香港ドルの場合が多いので、人民元に替える手数料を考えると、結構な目減りになってしまうのではないかと思います。

人気blogランキングへ