ブログネタ
中国からのブログ に参加中!
香港吉野家の牛丼、「特盛」を英語では「Sumo Beef Bowl」と言うんですね。
「Sumo」は相撲ですね。
店内のPOPには「Double Size Beef Bowl」とありましたが、カウンターのPOPには「Sumo Beef Bowl」とありました。

香港オフィスから地下鉄の駅に行く途中に「吉野家」がありますが、「香港まで行ってなにも吉野家に行かなくても」って思っていたので、もう一年ぐらい入ったことがありませんでした。

先日の「あきら@上方山」さんのブログに、「香港吉野家の牛丼はイマイチ」ってコメントしたので、確認のため(でもないですが)久々に食べてきました。

で、どうだったかというと、やっぱり肉もタレもちょっと日本とは違います。確かに「吉野家の牛丼」なのですが、なんだか「吉野家モドキ」という感じです。
肉も日本のはもっとフワッとした感じだったような気がするし、タレもちょっとしつこいような感じがします。