我想説・・・

嘟嘟哝哝

2007年12月

医龍2

このあいだ「医龍2」のDVDを観終わったのだが、この記事に載せようと思ってネットで探したが見つからないなぁと思っていたら、まだこのDVD発売されてませんよね。

ネットでも面白いと評判だったので、早く見たいなぁと思っていたのですが、日本での放送終了の翌週には店頭に並んでました(笑)

医龍2












さて、ホント面白くて3日間で観終わったのですが、ちょっとだけ話が面白すぎるというか、やりすぎじゃないかと思うような気もしました。

ひょっとしたら、間延びした中国のドラマになれてしまったせいかもしれないけど。

それでも毎回確実に引き込まれてしまい、一気に全部見てしまいたい欲求を抑えるのが大変でした(笑)




Lust Caution ノー・カット版

ブログネタ
中国からのブログ に参加中!
大晦日ですが、昼過ぎまでは仕事で、その後は別にやることもなく、とりあえず買い物に出たらDVD屋さんで「色,戒 Lust Caution」のノーカット版を売ってました。

Lust Caution ノーカット













前に、中国国内公開版を観ましたが、その時に思ったとおりカットされたシーンはこの映画では必要なシーンと思いました。

どぎついベッドシーンということで、香港の映画館ではいまだに大陸からこれを観にわざわざやってきた中国人でいっぱいというような報道もありますが、そういう意味では期待はずれかもしれません。(もっとも、日本人の私からすればですが)

主人公の葛藤というか、映画のタイトル自体がこのベッドシーンがあって初めて成り立つように思います。

この映画、高い評価を受けていますが、それは全てこの「葛藤」が描かれているからで、「色」と「戒」のバランスはノーカットじゃないと判らないと思います。

日本では1月公開ということですが、日本では逆に「戒」の部分の理解が十分に出来るのだろうかという疑問が残ります。
「色」と「戒」の微妙なバランスがなければ、たいした映画じゃないと思います。

そういう意味では、今の日本で理解されるのは難しいかもしれません。

インターネットマガジン

ブログネタ
中国からのブログ に参加中!
2006年に廃刊になった「インターネットマガジン」という雑誌がありました。

Windows95が発売されて、インターネットブームが起きる直前の1994年に発売され、まだまだ環境が整っていなかった商用インターネット(こんな言葉もうないか?)にいろいろやりながら接続して向こう側(ちょっと前に流行りましたが)の世界を垣間見ようとしていた日本人(私も含め)に沢山の有益な情報を提供してくれました。

この「インターネットマガジン」のバックナンバーが、このほどPDFで、しかも無料で公開されました。

全ての記事というわけにはいかなかった様ですが、無料で公開というところに「日本で最初のインターネット総合雑誌」を創刊したインプレスの心意気のようなものを感じます。

各記事について語り始めると切りが無いのですが、懐かしいというか、通信インフラも乏しく、情報も無い田舎でインターネットという新しい世界を覗き込もうとしていた時に技術的にもホントお世話になったという感じです。

Web2.0という言葉がブレイクした年に廃刊となったというのもなんか感慨深いです。
そういう意味では、「INTERNET magazine 2.0」というネーミングはどうなんでしょう?

というわけで、下記のリンクで公開されています。

インターネットマガジン バックナンバーアーカイブ | All-in-One INTERNET magazine 2.0

目に付いた記事をいくつか上げると、

まずは95年4月のNo.4から 

[連載] BBSユーザーのためのインターネット入門 最終回 大手商用BBS のインターネットサービス比較

この頃は、インターネットに行く前にパソコン通信(BBS)からというのが普通でした。

NiftyServe(現@nifty)やASCII-NET、NECのPC-VAN、ASAHI-NET(朝日新聞系)、PEOPLE(IBM系?)などで、それぞれクローズドのネットワークで今のSNSに近いような感じでしょうか、掲示板とかフォーラムとか、最近やってるミニブログHaruなんかは、NIFTYの会議室の雰囲気に近いものがあります。

データのダウンロードもそれぞれのライブラリからが主流でした。

そんな中で、各BBSがインターネットへの接続サービスを始めて、それが一般的なインターネットへの入口となっていました。

そのサービスの比較記事ですが、私の場合これを読んで、インターネットのためだけに、それまでのNIFTYに加えてASAHI-NETへも加入してしまいました。

この記事の比較表にあるNIFTYのアクセスポイントの通信速度なんて、いま見るとホント涙が出るくらいのスピードです。
これでダイヤルアップなんかやってたら電話代がものすごい金額になります。
今のブロードバンドで動画配信なんてとんでもないですね。

もう一つだけ、今度は創刊号1994年10月号から

[その他] INTERNET YELLOWPAGES Volume 1: Music

これは、毎月いろんなジャンルのホームページが紹介されています。
イエローページというくらいですから、これをみていろんなサイトにアクセスしてました。
まだホームページ自体が少なく、今みたいにGoogleやYahoo!から検索してなんてことも出来ませんしたし、リンクをたどってたどり着けるページというのは限られていたので非常に貴重な情報源でした。

ちなみに、Yahoo(!が無い)が最初に出来たのが同じ年の1994年、Yahoo!として会社設立したのが1995年です。
下記で歴代Yahoo!のTOPページが見れます。

1994年から2006年までのYahoo!トップページの歴史 - GIGAZINE

そういうことで、とにかく貴重な情報源だったのですが、見てもらえば判るように、ここで紹介されているのは全て海外のページです。

当時は、日本のページというのはほとんどが大学やネットワーク系の企業でしたから、インターネットでネットサーフィン(もはや死語ですが)なんて言っても、見れるのは海外のページがほとんどでした。
まれに、日本のページがあっても、見て面白いもんでもなかったし・・・。

でも毎回少しずつ日本のページも増えていきますが、最初のうちはいつも数えるほどしか載ってなくて、海外は進んでるなぁと思ったものです。

そんなこんなで、あまりにも懐かしい記事が多かったので、長々と書いてしまいましたが、インターネットを始めた頃の好奇心・興奮というのを忘れないようにして今後も、老化防止に努める所存です。(笑)

MyMiniCityが流行っている

ブログネタ
中国からのブログ に参加中!
最近、TwitterやHaruなどでMy Mini Cityというのが流行っています。
というか、Haruで流行らせちゃったのは私ですが・・・。

Web上に自分の街を作り、アクセス数に応じて住民が増え街が発展していくというものです。

場所は世界中のどこの国にでも作れて、私の場合は中国・スペイン・ニュージーランドに街を持っています。
とかいうと、なんだかすんごいですねぇ(笑)

街が発展していくのが面白いということもありますが、Twitterで流行ったのでHaruに紹介したら、そこからmixiに拡がってというような感じで、どんどん繋がって行くのが面白いです。

私の場合、メインはスペインにしてるんですが、スペイン人らしき人がスペイン語でコメント書き込んできたりするので、こちらもその人の街に行ってスペイン語で書き込んでみたりしています。

とりあえず、中国の街は作ったばかりなので人口も少なく閑散としていますが、よかったらのぞいてみてください。
http://toff.myminicity.com/

各国のランキングもあり、上位の方は上海近郊にありそうなすごい都市になっています。
仕事が無いと失業率が上がって、住人が出て行ってしまったりとか・・・。

使い方は、Twitterでお知り合いになったhejihoguさんのブログでどうぞ
自分の都市を作って遊ぶMyMiniCity - 北の大地から送る物欲日記

気持ちいい

ブログネタ
中国からのブログ に参加中!
読みたい本、いろいろあるんでまとめてみた。

みんな、気持ちよかった!みんな、気持ちよかった!


Passion For The Future: みんな、気持ちよかった!―人類10万年のセックス史

最近、日本ではCMで「合体したい」「気持ちいい」というのが物議をかもしているらしい。
ということは、ネットで知ったのだが・・・。

404 Blog Not Found:Amazonで買えないのがもったなすぎる - 書評 - インピーダンス・マッチング

この小説すっごく気になる。ホント、Amazonで買えないのは困る。

Passion For The Future: 反転―闇社会の守護神と呼ばれて

こういうの、最近すごく気になる本です。次のも。







asahi.com:「光クラブ」設立前夜の日記を発見 服毒自殺の山崎晃嗣 - 出版ニュース - BOOK

真説 光クラブ事件 ―東大生はなぜヤミ金融屋になったのか―


こういう終戦直後の話って、興味あります。「渋谷物語」という映画も面白い。



asahi.com:マンハッタンを歩く [著]ピート・ハミル - 書評 - BOOK



この本というより、ピート・ハミルの本が読みたい。

個人的に秋のイメージが強いのはどうしてかなぁ?

最近のネット活動-その2:Twitterについて

Twitterは、ミニブログなんて言われていますが、ゆるーいチャットとか、昔のパソコン通信のフォーラムともちょっと似た感じがします。

でも、一番大きく違うのはカテゴリーやグループといった概念が無く、個人が世界中の個人と直接繋がることが出来て、しかも繋がりを選択することも出来ることかな。

世界中なので、パブリックタイムラインというのを見ていると、いろんな言語が飛び交っていますし、とにかく数が多いので全部見るなんてことは不可能です。

でも、そういう中からちょっとずつfollowする人が増えて、followしてくれる人も増えていくと、いろんな情報も入るし、つながりも出来ていきます。
followerが100人以上とかになると、一日中コレやっている人が居るっていうのもなんとなく判ります。

Public timelineをみていると、日本語というのは結構少ないのでそこから入るのはちょっと抵抗があるかもしれません。
そういう時は、はてなグループの「ついったー部」から入ってみるのもいいかもしれません。

日本語が通る「Twitter検索 : Search」というのもあるので、ここで興味のある言葉で検索して入っていくのもいいでしょう。

中国語がちょっとわかったりすると、それだけで中華圏(中国、台湾、香港など)の人と簡単な挨拶や会話が成立するので面白いです。

携帯のSMSレベルの中国語でも結構いけます。

日本語のポストだったので日本人だと思うと、日本語勉強中の中国人だったりというのもあります。

そんなわけで、Twittwerは一つのpostが140字までという制限がありますが、つぶやきみたいなものを書くには十分です。

最近、ブログの文章が短くなってしまってコメント程度になっていたのは、Twitterの影響が大きいのかもしれません。

あっ、それから、瞬間芸みたいなネタはTwittwerで使ってしまうので、ネタ切れになりやすいということもあるかもしれませんが・・・。

最近のネット活動-その1:Tumblrについて

ブログネタ
中国からのブログ に参加中!
最近は、ここの更新をサボっていますが、それ以外にも更新してもほとんど文章が無いという感じになってきています。

ネットで何もしてないかと言うとそうでもなくて、TumblrとかTwitterとかFlickrなんかをいじっています。

なかでも気に入っているのはTumblrです。

いろんな使い方が出来そうだけど、使い方はものすごく簡単。

テキスト、写真、動画、音楽などを簡単に投稿できます。

ネットで見ているページもアプレットを使ってすぐに投稿できるし、しかもそのページのリンクだけじゃなくて、そこにある写真や、文章、動画などを選択して投稿できます。

その他、このブログやソーシャルブックマークのdel.icio.us、Twitterのpost、Flickrに投稿した写真などのFeedを登録しておけば、それらも全て時系列で読み込まれます。

ようするに、自分がネットでやっていることを全て簡単に集めて記録して置くことが出来るんです。

これって、すごく画期的なことでブログのような使い方じゃなくても、勝手に自分の日記というか記録というかが出来ていってしまうわけです。

私の場合は、今のところ公開してないっていうか意図的にはリンクしないようにしているので、他の人が見ることはほとんど無いはずです。

でも、ひょっとしたらtagがどっかに引っかかって見る人が居るかもしれないし、そこから新しい出会いがあるかもしれません。

いずれにしても、自分がネットで見つけて興味を持ったこと(ブックマーク、記事、写真、動画)や、まあまあ気に入ったからFlickrにupしてとってお こうと思った写真とか、Twitterでつぶやいたpost、ちょっと構えてこのブログに書いた記事なんか、とにかく全部入れておくことが出来る。

しかも、それが最小限の作業で、簡単に出来てしまうというのはすごく面白いことだと思います。

まだ、feedを取得できるサービスが限られていたり(ブログのRSSはOK)しますが、先月Ver.3になったばかりでまだまだ発展中なのでこれからどんな機能が追加されてくるか楽しみです。

それからもう一つ、Tumblrはどこにも広告とか入りません。デザインもものすごくシンプルというのも非常に気に入っています。

ラスト、コーションはスリラーなのか?



この記事で気になったこと、この映画「ラスト、コーション」はスリラーなのか?

これ書いた人、映画見てんのかなぁ?

香港:クリスマスイルミネーションこんなもんでしょ

香港という街は、田舎者から見ると年がら年中お祭りやってるようなもんで、クリスマスじゃなくてもネオンやライトアップとかいっぱいあって、良くわかんないです。

それに、やっぱりクリスマスは雪景色でしょ!

ということで、とりあえず今日撮った写真をUPしておきます。

コーズウェイベイ(銅鑼灣)で見っけたのから。

コーズウェイベイ












それから、旺角のランガムプレイスの「白雪広場」っていう名前が付いたやつ。

ランガム プレイス 旺角












ランガム プレイス 旺角02












かなり絞ってるので暗くなってます。

尖沙咀のペニンシュラ

えーとこちらはまだ工事中でした。

あと二日三日かかるかも?

ペニンシュラ1205












ちなみに、下のは去年の写真ですが、どこが違うでしょう?

ペニンシュラ2006
My Flickr
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from taoyan_ni. Make your own badge here.
Recent Comments
Amazonライブリンク
Profile
このブログのはてなブックマーク数
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ