我想説・・・

嘟嘟哝哝

2007年08月

KCR落馬洲

今日は香港で仕事。
いつものように帰りはKCRに乗って羅湖から深センへと思っていたのですが、途中で座席が空いたので座ったら・・・。
落馬洲
上水から羅湖と落馬洲に分かれる表示が目に入りました。
そういえば、最近開通したという記事を先日深セン特区報で見た覚えがありました。


ということで、上水で降りて乗り換えてみることにしました。

上水で降りて乗り換えのホームはどこかと思ったら、同じホームに入ってくるみたい。
落馬洲022−3分待ってたら落馬洲(Lok Ma Chau)行きの電車がやってきました。

いつもと違う景色を見れるかと期待したのですが、上水を出るとまもなくトンネルに入り、トンネルを抜けたらいつもの落馬洲-皇崗の風景が・・・。

新しく出来た落馬洲の駅は広々として、イミグレも広くて空いていてきれい。
バスやタクシーで落馬洲に来ると、香港のイミグレを出て皇崗までバスに乗らなければならないのが、羅湖のように歩いて川を渡っていくことが出来ます。

落馬洲03でも、羅湖に比べるとこんな感じで、かなり距離があります。
動く歩道があるからまだいいけど・・・。

中国側のイミグレを抜けて下に下りると地下鉄の駅になっています。
地下鉄を利用して市内に行くのであればすごく便利ですが、バスやタクシーを使おうとすると外に出てからかなり歩かなければなりません。

とりあえず今日は、地下鉄で香蜜湖まで行き、そこからバスで帰ってきました。

ところで、イミグレとか国境は基本的に撮影禁止なのです。
さすがに、ゲートのところは人が少なかったので遠慮しましたが、デジカメや普通のカメラつき携帯と違って、CyberShot携帯(k800i)はレンズカバーを開けるだけでカメラが立ち上がるので、モニターを見ながらでなければ撮影していても目立ちません。
これは結構使えるかも・・・。

中国の有料道路

メールマガジンで見つけた記事から、

有料道路をめぐる不正と腐敗

(メルマガ中国最新情報 No.408 バックナンバーより)

これによると、
全世界の有料道路14万キロのうち10万キロが中国にあり、全世界の70%を占める。 交通部は40キロごとに料金所を設けるよう規定しているが、一部の地方政府は、高級道路には20キロごとに1カ所料金所を設けるよう規定しており、もっと短い場合さえある。
確かに、高速道路以外でもちょっとした幹線道路のいたるところで料金所があったり、ろくに整備もしていないボコボコの道路で料金所があるようなところもあります。

し かし、有料道路の管理の混乱の問題はますます道路をめぐる公然たる不正と腐敗を引き起こしている。当然ながら、道路の通行料は借入金の返済に充てられるべ きだ。だが、特殊技能の要求度が低い料金所職員の月給は8000元に及んでいる一方で、多くの道路の借入金の返済は予定どおりに行われていない。
なるほど、というか「やっぱり」って感じ、料金所の職員の給料が高いという話は、江蘇省でも聞きました。売上がすごいから儲かってるって話でしたが、その儲けでもっと道路整備しろよって言いたくなりますね。

 中国の有料道路が世界一となった裏側には、1) 中国の交通庁長の問題発生率世界一、2) 中国の警察の罰金水準も世界一、という世界一もある。
そんなもん、どうやって調べたんでしょうねぇ。

  会計検査院の李金華院長は6月27日、有料道路に対する会計監査で、中国の有料道路は建設、運営、管理などの問題が目立ち、一部の道路の通行料は投資コス トの数倍―10倍以上に達していることが判明し、「高い」道路は社会負担を増加させていると述べた。 最近、北京の2本の有料道路が料金徴収の例に挙げら れた。それによると、京石高速道路(北京―石家荘)は6億元近くの利益を上げた後も料金の徴収を続け、機場(飛行場)高速道路は過去14年間、12億元の 投資に対し100億元余りの料金を徴収するという「奇跡」を実現しているという。
こんな利権は、そう簡単に手放すわけがないよなぁ。
日本の道路公団(もう民営化されてますけど)なんかかわいいもんですね。

詳しくはリンクから元記事をどうぞ。

自治体の関連企業


Yahoo!ニュース - NNA - 【香港】《日系進出》シャープ、深センの液晶パネル生産

この中で気になったのが、この部分。
出資比率はシャープが51%、深超光電が29%で、残りの20%を聚竜光電プロジェクトを計画していたTCL集団、創維集団、康佳集団、長虹集団の4 社に海爾(ハイアール)集団を加えた5社が4%ずつ出資する。
シャープについて出資比率の高い「深超光電」という会社ですが、これは深セン市系の会社=深セン市が出資している会社です。

日本で自治体が出資する会社というと、「第三セクター」とかいってバブル期にリゾート開発なんかやっちゃって、大抵はうまくいかないというのが相場ですが、中国では深セン市のような大都市だけじゃなくて、小さな鎮(村)でも結構いろんな会社を作って、それなりに儲けているようです。
中には進出企業を食いものにするようなあくどい商売をしているところもあります。

ちなみに、今回の深セン市のプロジェクトは、おそらくLGフィリップスが広州市で進めている液晶パネル工場のプロジェクトをかなり意識しているようです。

近況というか人の縁というか

このところずーっとBlogの更新をさぼってますが、近況というか最近ちょっと思ってることを書こうかな。

中国で仕事していると、人の縁みたいなことをすごく感じます。

先月、県人会というのがあって、取引のある会社の人から会社の部下に誘いがあり、一緒に出席しました。

先週、その第二回目があって、出席は出来なかったのですが県人会の名簿というのを送ってもらいました。

それを見ていたら、昔といっても7,8年前ですが、日本で取引のあった会社の人で知ってる人の名前が載ってました。
それから、勤務先の欄に良く知っている同業の競合他社の名前があったり、面識は無いが知り合いの知り合いの名前があったり、いつもと違った糸を手繰ってみると、以外と縁のある人につながってるんだなぁと思いました。

そんなわけで、先月・今月は他にもいろんなことがありました。

・以前現地採用の面接をした人が、全く別の業界に入り、突然電話をくれて、会う機会が出来た。

・蘇州時代に同業他社(おもいっきりコンペチター)の総経理だった人が、これも突然電話をくれて、広州の会社(同業者)にいるということで工場を訪ねてくれたのですが、数日後にまた電話をくれて、何かと思ったらうちの会社がやっている仕事とおなじエンドユーザーの仕事をすることになったと連絡をくれて、またまた競合することになってしまった。

・4年前に深センで一度だけ日本料理屋のカウンターで隣り合わせになり名刺交換した人が、私の知り合いの商社の人から聞いたといって電話をくれて、4年前とは別の会社の営業をかねて訪ねてきた。

実はその私の連絡先を教えた知り合いというのも、10年ぐらい前に日本での仕事で知合い、同い年で実は同じ予備校に通っていたということで仲良くしていたのですが、何年か疎遠になってしまっていたのが、私が蘇州にいるときに噂を聞いて電話をくれ、彼も実は上海勤務になっていたという人です。

今月になってからは、あるお客さんから見積もり依頼があったのと同じ図面で、別のお客さんから見積もり依頼があり、以前は別のお客さんの関係で来社したエンドユーザーの課長さんが、今度はもう一つの客先と一緒に来社したり・・・。

業界が狭いというのもありますが、こういうことが続くとなんか不思議な感じがします。


中国6ヶ月マルチビザを一番手軽に取得する方法

メールマガジンの広告を見ていてきがついたので・・・。

「香港で取得する半年マルチビザ」っていうような広告を良く見かけますが、わざわざ香港で業者に頼まなくても、福永のフェリーターミナルでは1300元でその場で半年マルチのFビザが取得できます。

写真を持っていなくても、その場で撮ってくれますし、その時によりますが大体15分程度で取得できます。

平日の5時前に着く便であればOKですから、香港発14:30の便までなら大丈夫です。

って、これも関係ない人には全く関係ない情報でした。


人気blogランキングへ

九龍(中港城)⇔福永フェリーが一日一往復に

※2007年11月1日から変更になりました。詳しくは下の記事をご覧ください。

香港/九龍(中港城)⇔福永フェリーが、またまた不便に - livedoor Blog(ブログ)

関係ない人には全く関係無い情報ですが、香港の九龍と深セン・福永を結ぶフェリーが8月から一日一往復になっています。
その代わり、香港島の中環との便が、いままでの九龍(中港城)便とほぼ同じ時刻で運行されています。

ご利用の方はご注意を!

香港(中環)⇒深セン(福永)
7:30    8:00   9:45*   13:00   14:30   16:15   18:00

九龍(中港城)⇒深セン(福永)
8:45

深セン(福永)⇒香港(中環)
9:00   11:00*   11:50   14:30   17:50

深セン(福永)⇒九龍(中港城)
19:30

但し、*は土日は運休


人気blogランキングへ

サッカー:U-22中国 対 北朝鮮

別に日本がボツワナに負けたからって訳じゃないんですが・・・。

今日の中国vs北朝鮮を観ていて、普段なら自然に中国を応援というか贔屓にしてたと思うのですが、先日の試合を見ちゃうと、なんとなく北朝鮮を応援したくなっちゃいました。

この試合、日本でも観れたのかなぁ?
拉致問題とかいろいろあるけど、今日だけは北朝鮮を応援してた人が多かったんじゃないかと、ちょっとそう思っただけなんですけど・・・。

試合は結局北朝鮮が1−0で勝っちゃいましたね。

人気blogランキングへ

サッカー:U-22中国戦

昨日のサッカーU-22 日本対中国、いろんなところで取り上げられていますが、観ていて「やっぱり」という感じで、意外だったのは日本の選手たちがすごく冷静だったこと。

あの状況で、あれだけ冷静に戦えるのはすごいなぁと思って観てました。

それにしても、あすこまで露骨だともう観ていてつまらないですね。

あれだけ見逃してもらっているのに、あのぐらいの当たりしか出来ない中国選手というのもちょっと変な気がしましたけど・・・。

昨日の試合は、一人で観ていたのでよかったです。中国人と一緒に観てたらきっと険悪な雰囲気になってたと思います。

例のアジアカップのときは、実は中国人と一緒に観ていて、しかも中国の負け方が気の毒なほどひどい負け方だったので、終わったあとは険悪というよりも、耐え難い沈黙という感じでした。

この調子で、来年のオリンピックはどうなんでしょうねぇ?私は嫌中じゃないし、周りの中国人も反日じゃありませんが、一緒にテレビを観るのは嫌ですねぇ。

オリンピック期間中は、別の意味で厳戒体制になっちゃうような気がします。

日本と中国直接対決の種目ってどのくらいあるんでしょうか?
要注意種目とかいう感じで、誰かリストアップしてくれないかなぁ。

人気blogランキングへ
My Flickr
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from taoyan_ni. Make your own badge here.
Recent Comments
Amazonライブリンク
Profile
このブログのはてなブックマーク数
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ