我想説・・・

嘟嘟哝哝

IEでリダイレクトされたら

中国出張中に社内ネットワークに接続するためにVPNを使ったりすると、社内システムのURLが乗っ取られて別のサイトが表示され社内システムのページが見れなくなることがある。
これもGFWの仕業らしいが、毎回必ずなるわけでもないのでよくわからない。

とりあえず解決方法は以下の通り、
  1. IEのプライベートウインドウを開く
    - セイフティ⇒InPrivate(I)
  2. 表示したいURLを入力
    - ブックマークのプロパティからコピー
  3. 2.で正常表示したらインターネットオプションから「現在のホームページ」の下にURLを追加して適用を押してからIEを閉じる
  4. もう一度IEを起動して正常に表示されたら「現在のホームページ」に追加したURLを削除して元に戻す。
  5. もしも1~4でダメなときは、
    1) 1~3をもう一度行い、一旦IEを閉じる
    2) コマンドプロンプトで「ipconfig/flushdns」を実行
    3) ログアウトしてから上記4に戻る

香港経由で帰国

今年最初の海外出張は、深センでした。

相変わらずのゴチャゴチャした街。

帰国は香港経由。


20130427-150322.jpg

昼には深センの工場近くで超激辛の木桶飯を食べたので、夕食はあっさり味の汕头鱼皮饺面を食べた。字面を見ると魚の皮とかって怪しげだが、鱼丸子や牛肉丸子よりこっちのほうが美味しい。27ドル(400円)という値段は大陸で面といえば10元未満が普通だから約三倍と高い。
大陸で面と言えば兰州拉面。好きでよく食べるし美味しいと思うけど、種類が違うとはいえ大陸の面馆でこのスペックの面はいろんな意味でムリ。

そういえば、兰州拉面もずいぶん高くなった。以前は3元から5元ぐらいだったが、最近は普通に9元ぐらいになってる。

面を食べて店を出てちょっと歩いたら福記があったので、ちょっとデザートを食べに入った。何年ぶりだろ?
名前は忘れてしまったが、マンゴーが美味しそうだったのでこれにした。


20130427-150643.jpg
練乳かき氷(氷少なめ)の中に赤米(もち米)の団子、上にバニラアイスとマンゴーが乗っている。団子の中には餡子と紫芋。
思ったよりも甘くなかった。

ところで、中国などでよく売っている乾燥レモンスライス。
何枚かグラスに入れ熱湯を注いで飲むのだが、あまり美味しいものでは無い。最悪なのはこの乾燥レモンを使ったレモンティー。飲んだ後に殺虫剤かなにかの様な感じがフワッと口の中に広がる。
で、それがコレ。だと思う。


20130427-150846.jpg
キャセイの深夜便ででてきた。普通のレモン果汁とか香料を使えばいいのに、何でわざわざこういう味にするんだろ?こういうのが好きという需要がある程度以上あるんだろうか?

地方都市の本屋がヤバイ

「地方都市の住人はHonya Clubで注文して地元の書店で受け取ろう。」

老舗がまた… 札幌・アテネ書房閉店へ 地下歩行空間開通で客激減−北海道新聞[暮らし・話題] 

 直接の原因は人の流れが地下空間に取られてしまったということだが、元々超低空飛行している地方都市の書店は、ほんのちょっとの横風が吹いただけで墜落してしまう。

 書店の生き残りでは、いろいろな工夫で乗り切っている例も紹介されるけど、そもそも地方都市なんかで隙間狙って特色出そうにも、それで捕まえられる客の絶対数が少なすぎる。
本のような商品は、人口に対して比例するのではなく指数関数的に増えていく。 人口10万人の都市ではせいぜい10冊しか売れない本が、100万都市では100冊じゃなく500とか1000、1000万都市なら1万とかいう数になる。 逆に言えば、都会なら地域でナントカやっていけるちょっと感じの良い小さな書店が、仮にイオンモールとかに入って20万とかの商圏抱えて、家賃はタダでも多分やっていけない。そもそも、集まってくる客の質が違う。

 Amazonで買えばいいだろっていうのもあるし、電子書籍もあるけど、本にたどり着くまでの過程の問題もある。

 ネットで本を見つけるのは、何らかの目的を持って探すときには最強だと思う。 TwitterのTLを眺めていて出会うこともある。 最近流行りのキュレーションサイトも本専門とか出来るかもしれない。(もうあるのかもしれないが知らない)

 実際、最近買っている本は殆ど(99%)がブログやTwitterなどネットで知ったものだ。
 それでも、東京の大型書店のような品揃えをしろなんて無茶なことは言わないが、とりあえずひと通りの新刊書籍と雑誌が並んでいる本屋というのはどうしても残っていて欲しいと思う。

 本屋で平台と棚の背表紙をザーッと眺める時の情報量は、いちいちクリックとかスワイプとかしながら見るのとは桁違いの情報量で、全く興味のないものの方が圧倒的に多いけど、それでもそこで思いがけずに出会う本というのもある。

 そう言えば、先日からGoogleリーダーがなくなるという話で盛り上がってる中で、もうRSSは要らないという声もある。キュレーションサービスもTwitterもいいが、私にはやっぱり大量の情報を一気に見れるRSSリーダーはどうしても必要だが、これも同じようなことだと思う。

 無駄なもの、全く興味もないものの中に、時としてアレっと思うようなものが潜んでいる。そして、そこから世界が広がることだってある。

 まあ、本屋が無くなるって話は今に始まった訳じゃなくて、30年前ぐらいから言われているわけだが、狼少年の話だった電子書籍も今度は本物みたいだし、そろそろ本気でヤバイ。
 
 というわけで、無駄な抵抗かもしれないが、地方都市の住人はHonya Clubで注文して地元の書店で受け取ろう。少しは延命できるかもしれない。

オンライン書店Honya Club.com

【本】企業が「帝国化」する

この本を読むとTPPとは何なのかということがよく分かる。

 アップルとの対比で、「じゃあ、サムソンはどうなのか?」と考えてみる。

 サムソンやLGなどは、グローバル化に対応しつつも韓国企業であることをやめようとしているようには見えない。 そして、サムソンを擁する韓国はTPPは自国の利益にならないとして早々に米韓FTAという道を選んだ。

 状況から見ると、日本も韓国と同じような状況だと思われるが、結局は政治判断の遅れと政治家のグローバルな経済戦略への無知からズルズルとTPPの泥沼に引きずり込まれてしまっている。

 食品業界のモンサント社の話を読めば、TPPで問題になっている農業問題は日本の農業というギョーカイの問題ではなくて「食」の安全の問題なのだということがよく分かる。
 「農業を守れ!」というスローガンを掲げつつ、結局は自民党と手打ちをしてしまうであろうJA中央などの事を考えてみると、陰謀論的に見れば、経済問題としての農業に集中することで、肝心の「食の安全」から目をそらそうとしているのではないかとさえ思ってしまう。

 加えて、TPP参加を推進する日本の輸出産業は、グローバル化が遅れていると言われるが、案外サムソンが「韓国」にこだわるほどには「日本」にこだわらないということなのかもしれない。


 それから、フォックスコンに関する記述は、現実を踏まえて極めて公平に、冷静に書かれていると思う。

 龍華のフォックスコンでは、寮だけではなく工場棟にも自殺防止ネットが張り巡らされている。あれを見れば確かに異常と思ってしまうが、日本の人口20万〜30万の都市で年間どれだけの自殺者がいるのかを考えると気持ちが暗澹としてくる。飛び降り自殺の少ない日本では都市中のビルにネットを張っても自殺は防げない。

 賃金や厚生施設などを見るとフォックスコンは明らかに平均よりはかなり高いレベルと言える。(本書で書かれているのは控えめな気がする、おそらく社会労働局あたりの役人の話を真に受けている)
 中国のブラック企業は中国資本の方が圧倒的に多いし、炭鉱事故のニュースを見るまでもなく無茶苦茶なブラックが山のようにある。
 確かに台湾系は外資の中では就職先として最低ランクとされているが、それはすでに他の企業であるレベル以上の管理スタッフになっている人々にとっての話であり、末端のワーカーにとっては給料がまともで厚生施設もまあまあならどこも同じなのだ。
 台湾系が嫌われるのは、同じ言葉を話し生活習慣もよく理解しているだけに厳しい管理ができている点である。確かに、とんでもないこともやるがそれは中国企業と同レベルのことをすることがあるという話でしかない。

 最後まで読んで、現在の日本で大学を卒業してこれから企業に就職する人たちは、沖に止まっている立派な船に乗るための艀(はしけ)に乗るようなものなのかと思ってしまった。
 立派な船に乗れるのはほんの一部で、残りはずーっと艀で水上生活か、艀ごと沈んでしまう運命のようで切なくなってしまう。用もなく立派な船に乗っている連中をさっさと放り出して、可能性のある若い人を一人でも多く乗せてやればいいのにと思う。

 それに、就活で列に並んで艀に乗っても、乗ってしまったら自分だけ外に行きたくでも海に飛び込まないと行けなくなってしまう わけだから、最初から「艀なんかに乗らない!」という選択も、もっと増えてもいいんじゃないか?

Twitterで全てのツィート履歴が保存可能になった。

ということで、Twitterの全てのツィート履歴をダウンロードしてみた。

ダウンロードしたzipファイルを展開してできたフォルダにあるindex.htmlを開くとこんなふうに表示される。

twit




















古いツィートを見ていて。

・ツィート数にバラつきがあるが、中国にいたときは最近良く出てくるTorも使っていたが、大きなイベントが有るとそれまで使えていた環境が使えなくなったりして結構不安定だった。

・最初の頃は、結構人と絡んでいたが、最近はとんとご無沙汰になっている。絡んでいた人のtweetをTLであまり見かけなくなってるというのもあるが。。。

・初期は日本製のつぶやきサービスとクロスポストしていた。今はほぼ全滅みたい。
あと、Plurkとか。途中からPlurkも金盾の餌食になってしまったので、使わなくなってしまった。

・そういえば、モバツイはなぜか金盾をスルーできたっけ。今はどうなんだろ?




Google リーダーの終了---情報のロングテイルは結局少数派ってことなんだと思う。

Googleリーダーが7月1日で終了 ということで、あちこちで狼煙が上がっているようなので、ベータ版の時からのユーザーとして、とりあえず一言は書いておこうと思ったりした。 

まずは、
移行先候補が話題になっているのでいろいろと試してみた。
Pocketとの連携ができない(みたい)
iOS用のアプリが非力。
はてブとの連携ができる
動作が軽い、繋がりやすい<---日本だけだからか?
ショートカットが充実しており、ササッとチェックするのには向いている。
【結論】
ベータ版の時は使っていた。
最初はGoogleリーダーよりも良かったんだけど、Googleのデザインが変わったので比較した上でGoogleリーダーをメインにした経緯もあり、どうも使う気にならないので除外。

Pocketとの連携ができる
はてブとの連携ができない。
比較的動作が軽い。
ササッと見るのはちょっと大変。
iOSアプリはなかなか良い。
【結論】
サブとしては使えそうなのでキープしておく。

ブラウザでフィードをチェックするだけならこれが一番シンプルでいいと思うが、他との連携がTwitter以外にない。
【結論】
デザインもいいので、今後に期待してチェックしておく。

この2つのどちらかが最有力と期待していたが、アクセスが集中しているのか重すぎて使いにくい。
NetvibesのiPhone版はアプリじゃないけどなかなか良い。
【結論】
6月ぐらいにもう一度覗いてみる。

Flipboard
Web版がないのでPCと連携できない。
今もかなり使っていて、めくってみるというのが目が疲れなくてInstagramとTumblrのリーダーとしてはすごくいい。
Rssも登録できるのは知っていたので、はてブニュースとTech-onは登録してみたが、Tech-onには向いているがはてブは向かない。
画像そのものに情報が入っているもの(デバイスやマシンの写真とか)には向いているという感じがする。
タイトルでざっと見るのには向いていない。
【結論】
今まで通りに使いながら、いろんなフィードを登録して試してみる。

My Yahoo
せっかく「爆速」でやってくれたので、フィードを移行してみたが、予想通り論外って感じ。
【結論】
論外

あとは、あのDiggがRssリーダー作ってくれるみたいなので少し期待してみたい。

やっぱこれだけは欲しい 機能とか
 
.織ぅ肇襪琉賤で、全体がざっと見渡せる。
 
▲螢好伐萍未離織ぅ肇襪世姥て中身を見ないでPocketに登録できる。
 
はてブと連携できる。
 
ね招廚聞告が出ない。(気にならない)

いろいろ見て思ったこと。
GunosyやAntennaもあるが、Antennaは守備範囲外の情報も出てくるけど、Gunosyは完全に周回遅れの情報しか入ってこない。
こういうのって、チェーン店のセットメニューみたいなもので、それなりには美味しいけど、本物の屋台を覗いて歩くのが好きな人には受け入れがたい。
一時期ロングテイル・マーケティングがもてはやされたが、情報のロングテイルは結局少数派ってことなんだと思う。
ロングテイルが主流だったネットの世界に、ロフティヘッドが入ってきたってことなんでしょうね。
FacrbookもTwitterもロフティヘッドに占領されてしまいつつあるのかも。。。


西塘

[なぜか書きかけのまま放置されてたのでそのまま公開しときます。]

2012-09-02 09:26:25 写真1






















昨日は上海で一日休日になったので、以前から一度行ってみたいと思ってた西塘に行って来ました。
江南六大古鎮のひとつという事ですが、今まで行った五つの中では一番良かったです。

タイの鉄道



というわけで、タイに来てます。今回で三回目、通算で50日を超えました。
今日は日本に帰る日なんですが、空港まで電車で行ってみることにしました。

上の写真はAirport Expressの駅。新しくて立派ですが、 利用者は少なくがらんとしてます。
この路線と並行してCityExpressというのも走ってますが、こちらは結構乗ってる人がいます。

空港から乗った場合は、そのままCityExpressの終着まで行きますが、空港に行くときはそこから乗っても、このホームのある駅でいったん改札を出て乗換になります。

Expressの駅はどれも同じような作りになっているみたいで、全て新しいようです。
このExpressは高架になってますが、その下は昔からのタイ国鉄が走ってます。
CityExpressの終着駅はBTSという高架の電車と、古い国鉄に乗り換えができます。
で、国鉄の駅が下の写真です。


人が腰を下ろしているところが一応ホーム?だと思うんですが、下におりて確認してみました。


やはりそうとしか思えません。

近くのセブンイレブンで水を買ってたら、ちょうど列車が来たのであわてて写真を撮りに行きました。

で、列車が来るとこんな感じで、両側から乗り込んでいるようです。
ホームは関係ないようです。


 まあ、どっちにしても上にあるExpressの駅とは同じ国鉄なのに、ここまで違うかという感じです。

タイも慣れてきたので、少々のことでは驚きませんが、これは落差がひどすぎてビックリしたので 投稿してみました。

ちなみに、まだスワンナブーム空港にいます。
毎度のことですがフライトまで時間がありすぎる。

梅林公園



桜はまだなのでとりあえず梅でもと思って、湯田川温泉にある梅林公園に行ってみました。
雪も残ってるし、梅もまだ5分といったところでしょうか?

桜と違って種類によるのか、木によるのかわかりませんが、満開の枝もあったりします。
Instagramに上げた二枚の写真です。フィルタと枠が違うと随分と印象が違って見えます。







Instagram



自由ヶ丘駅近く、九品仏川緑道の桜です。

ごぶさたしておりましたが、ちょっと覗いてみたらInstagram連携とか出来るようになっていたので、ちょっと投稿してみました。

今年に入ってからは二度タイへの出張が続き、二十日すぎからまたタイに行く予定です。
毎回、二週間以上滞在しているので、最近は空耳でタイ語が聞こえたりしてます。(笑)

こんな写真とか、


こんな写真も撮ったりしてるので、そのうちタイのこととか書いてみたいです。

My Flickr
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from taoyan_ni. Make your own badge here.
Recent Comments
Amazonライブリンク
Profile
このブログのはてなブックマーク数
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ